cholon

web shop
news
events
work
journal
photo
cholon book
shop info

how
cart

map
mail

cholon
events


| cholon 代官山 : これからのEvent |


「福田の珈琲缶」おひろめ会 5月1日(土)〜16日(日)



fukudakandm.jpg
イラストレーターでコーヒー好きとしても知られる福田利之さんがオリジナル珈琲缶を作りました。チョロン代官山のオープン1周年に合わせて、5月1日(土)から16日(日)まで、おひろめ会をすることにしました。会期中にはコーヒーをお楽しみいただけるイベントもありますので、ぜひあそびにきてください。

福田さんのかわいくも不思議なイラストが描かれた、色鮮やかなオリジナルの珈琲缶のサイズは3種類。

L(珈琲豆 約400gまで用)1,260円
M(珈琲豆 約200gまで用)1,050円
S(珈琲豆 約30gまで用)840円


会期中のイベントは次の通りです。
▽珈琲缶と珈琲豆のはかり売り会 5月1日(土)、2日(日) 正午〜午後5時
全国の美味しいコーヒー屋さんの豆を集めました。福田さんの珈琲缶に入れてはかり売りをします。コーヒー豆は会期中も数量限定で販売予定。
参加予定店:aalto coffee(徳島)、coffee Kajita(名古屋)、森彦(札幌)、くるみの木(奈良)

▽カッパとウサギの珈琲屋 5月1日(土) 正午〜午後4時
「ほぼ日刊イトイ新聞」で福田さんが連載している人気コンテンツ「カッパとウサギのコーヒーさがし」。カッパの福田さんと&ウサギのほぼ日・山下さんのコンビがはかり売り会で販売する豆でコーヒーをいれます。

▽moi 岩間さんの珈琲屋 5月2日(日) 正午〜午後4時
福田さんが大好きな吉祥寺の人気カフェ「moi」の店主 岩間さんがコーヒーをいれにきてくれます。フィンランド風シナモンロールクッキーも数量限定で販売予定です。

*各イベントとも豆が売り切れの場合には予定時間より早く終了となる場合もございます。予めご了承ください。

このほか、福田さんにイラストを描いていただいた、チョロンのオリジナルTシャツも登場。お客様へのプレゼントもあります。

また会期中、東京・初台のお菓子屋さんSunday Bake Shopの、コーヒーにとてもよく合うお菓子も販売します。チョロン代官山1周年記念のケーキや、定番のショートブレッド、小袋に詰めたクッキーなど。数量限定です。こちらもお楽しみに!

*珈琲缶は5月3日からチョロンのweb shopでも販売予定です。

| cholon 代官山 : これまでのEvent/これまでのLive |


甘い架け橋〜珈琲とドーナツと音楽と



20100402_1318276.jpg
2010年3月31日の夜、チョロン代官山でイベント「甘い架け橋〜コーヒーとドーナツと音楽と」を開きました。

20100301_1250276.jpg文筆家の甲斐みのりさんと、京都の喫茶店「六曜社」のウエイトレスでドーナツ作りを担当されている奥野美穂子さんとの共著「甘い架け橋」(淡交社)の出版を記念してのイベント。甲斐さんが大ファンという六曜社地下店のマスターでシンガーのオクノ修さん(美穂子さんのだんなさまでもあります)、そしてオクノさんのファンでもあるシンガー曽我部恵一さんのライブを、六曜社のコーヒーとドーナツを味わいながら楽しんでいただくという、ぜいたくで素敵な夜になりました。

「甘い架け橋」は学生時代から六曜社のファンだった甲斐さんが、六曜社へ手紙を送ったのきっかけに始まった甲斐さんと美穂子さんとの長年にわたる文通、そして季節のお菓子のやり取りを1冊にまとめた本。全国のおいしいお菓子を見つけ出し、送り合う、お二人のやり取りが楽しく紹介されています。もちろんおいしそうなお菓子の写真もたくさん。六曜社の様子も掲載されています。

20100401_1316203.jpgイベントでは、この日の朝から美穂子さんが心をこめて作って京都から運んでくれたドーナツと、修さんが焙煎した豆でいれたコーヒーを入場時にお配りしました。ドーナツはさくさくで食べごたえがあり、コーヒーはコクがあるのにスムースで後味がさっぱり。おいしいー。コーヒーは苦手だったという甲斐さんは、六曜社のコーヒーに出合って、好きになったといいます。なるほどよく分かります。

20100402_1318274.jpgイベントは甲斐さんと修さんのトークでスタート。甲斐さんが六曜社に通うようになったころのお話などを中心に、やり取りが弾みます。修さんはコーヒーについて「どんな風に飲んでもらってもいい。コーヒーは気軽に飲むもの。ハンドドリップじゃなきゃだめってこともないし、砂糖やミルクをたっぷり入れるのもいいですよ」とひょうひょうと話されます。少女まんがマニア(?)でもある甲斐さんが、昔のまんが雑誌の付録についていたソノシート(!)を取り出して「これに修さんが昔やっていたバンドの演奏が入ってるんですよね」と紹介。修さんは当時のいきさつなどをおもしろく披露してくれました。

20100402_1318275.jpg続いて曽我部さんが登場し、ギター弾き語りでの熱唱を聴かせれくれました。途中、甲斐さんのリクエストでサニーデイ・サービスの「若者たち」も。進路に迷っていた甲斐さんを勇気づけてくれた曲だそうです。イベントにちなんで「コーヒーと恋愛」も演奏してくれました。

曽我部さんのライブが終わり、再び甲斐さん、修さんが加わって3人でのトーク。ほんわかムードのやり取りに会場の空気がなごみます。ここで休憩。この日は修さんが焙煎した六曜社のコーヒー豆や、甲斐さんが六曜社と一緒に作ったラッピングペーパーやコーヒー缶、マグカップ、トートバッグなどのグッズも販売しましたが、休憩時間までにコーヒー豆は完売、ほかのグッズも人気でした。

20100402_1318277.jpg休憩が終わって、いよいよ修さんのライブです。1970年代から歌い続けている修さん。ほとんどMCもなく、淡々と演奏が続きます。トークではのんびりムードだった修さんですが、歌い始めると表情も一変。独特で新鮮なメロディーに鋭い歌詞。何より胸に刺さるような歌声。緊張感すら漂う力強いうたで会場を圧倒していきます。「うたの力」を感じさせてくれる演奏でした。甲斐さんのリクエストで、先のトークで話題になったまんが雑誌の付録ソノシートの曲「歩いていこう」もやってくれました。素晴らしいライブで、いつまでも余韻が残っていました。

最後には「人前に出るのは苦手」と言っていた美穂子さんも前に出て、みなさんにごあいさついただきました。本当に素敵な夜でした。

| cholon 札幌/代官山 : これまでのLive |


きこえるシンポジウム 札幌と代官山で開きました



20091220_1067030.jpg
ミュージシャンのHARCO(ハルコ)さんQuinka,with a Yawn(キンカ、ウィズアヨオン)さんが、キャンドルナイトが各地で行われる冬至と夏至の時期に合わせて年2回ペースで続けている、ライブとエコのイベント「きこえるシンポジウム2009」を、2009年12月19日に札幌本店で、同24日(クリスマスイブ!)に代官山の店内で開きました。

kiko442.jpg同シンポジウムは今回で5シーズン目。この冬の「きこえるシンポジウム」は札幌と東京のチョロンで。北海道では初めての開催となりました。ライブの後半には会場の電灯をすべて消し、楽器やマイクの電源も落として、すべて生音での演奏も。キャンドルのゆらめく光の中、二人のやさしい歌声が響き合い、美しいハーモニーがきこえる素敵な夜になりました。

札幌本店でのシンポジウム当日は雪。そんな中で大勢のお客様にいらしていただきました。ありがとうございました。HARCOさん、Quinkaさんは、二人のユニットHARQUAの曲のほか、お互いがソロで発表している曲も二人で披露。じんわりと、胸にしみこんでくるような、美しい演奏でした。

この日、Quinkaさんはチョロンの黒いワンピースに、これもチョロンのレースのネックレス姿。黒い帽子もかぶっていたので、HARCOさんからは「神父さま」と呼ばれ、チョロンの棚に飾ってあった十字架のオブジェを無理矢理持たされたりもしていました。

20091220_1067028.jpgシンポジウム恒例のゲストトークコーナーには、市民風車によるグリーン電力使用の普及、省エネルギーなどの活動をしているNPO法人北海道グリーンファンドの小林ユミさんが登場。この朝、3人は石狩市の市民風車「かぜるちゃん」を見学に。トークではその見学の様子や、グリーン電力の仕組みとその意義、この前日に閉幕したCOP15についてなどをテーマに楽しく、分かりやすく、お話しいただきました。身近なことからできるいろいろなことに気付かされました。市民風車応援してます! 小林さん、ありがとうございました。

20091220_1067031.jpgこの日は日中、本店2Fスペースで「きこえるフェスティバル」と題して、チョロンのイベントではいつもお世話になっているフード隊(チムチム、miel、Re-works、Cucciolo)のみなさんにも出店していただき、それぞれカレー、焼き菓子、ドリンク、パンを販売してもらいました。こちらにもたくさんのお客様にいらしていただきました。本当にありがとうございました!

ライブが終わって外に出ると雪模様。ぴりっとした寒さの中でライブのことを思い出して、とてもすがすがしい気分になりました。そして、できることから何かエコにも取り組んでみようという気持ちにもなりました。


20091225_1082952.jpg札幌に続いて開催した代官山でのシンポジウムには、立ち見が出るほどたくさんの方においでいただきました。思ったより長時間のイベントになり、立ってごらんになっていただいた方にはたいへんだったと思います。本当にありがとうございました。

この日は初台にあるお菓子屋さんSunday Bake Shopの特製ドリンクを1杯サービス。お客様にはマイカップ持参を事前にちょっとだけ呼びかけていたんですが、なんとおよそ半数の方が持って来てくださいました。

20091225_1082948.jpgライブの1曲目はHARQUA名義でリリースしているアルバムからの「森がよみがえる日」。ピアノを弾きながら歌うHARCOさんの甘い歌声、美しいコーラスを付けるQuinkaさんの独特の柔らかい声。2人のハーモニーで、チョロン代官山の店内の空気が、やんわりと穏やかで落ち着く感じに変わります。HARCOさんの「世界でいちばん頑張ってる君に」、Quinkaさんの「ハルニレ」(超名曲!)など、素敵な演奏が続きました。

20091225_1082950.jpgトークタイムのゲストは作家の廣瀬裕子さんとエディターの山村光春さん。毎日の暮らしでエコを実践し、また原発などのエネルギー問題に対してもさまざまに行動、発信している廣瀬さん。山村さんも長年の取材、執筆活動などを通してエコについての関心を高められています。

トークは山村さんの楽しい司会で進行。廣瀬さんの著作にもある身の回りの小さなエコから、青森・六ヶ所村のウラン再処理工場の話題まで、幅広いテーマでお話いただきました。HARCOさん、Quinkaさんも「みんなが、ほんのちょっと意識して何かを始めたり、環境問題に関心を持てば、確実に変わっていきます」などと話されていました。

この後は2人もブロガーとして参加しているウェブマガジン「おひさまスタイル」についての紹介も。この日はおひさまスタイルのみなさんにもおすすめグッズを販売するブースを出していただきました。
20091225_1082960.jpg 20091225_1082959.jpg
休憩を挟んで、ライブ後半。2人の歌声が響き合う「Green Curtain House」が終わると、会場の照明が消されました。キャンドルの灯りが2人を照らします。クリスマスに合わせて特別に演奏された、しっとりした「クリスマスソング」が胸にしみ込むよう。そしてついには音響設備の電源も落として、生ギターと歌声だけの「ナイトハイク」を。ラストの「hide&seek」では、暗い会場に流れるHARCOさんのピアニカ、Quinkaさんのグロッケン、2人の歌がお客様をあたたかく包み込みました。アンコールも生音の「Thank you」。本当に美しい演奏でした。

札幌、代官山で開いた今冬の「きこえるシンポジウム」。さまざまなみなさんの協力で、とてもいいイベントになりました。寒い中ご参加いただいたみなさん、改めてお礼を申し上げます。ありがとうございました。そしてHARCOさん、Quinkaさん、出店などしていただいた関係者のみなさんにもお礼を。機会があったら、また「きこえるシンポジウム」を、そしてお二人のライブなどもチョロンで行いたいと思います。

| cholon 札幌 : これまでのLive |


羊毛とおはな LIVE IN LIVING 09 CAFE TOUR



RIMG2253.JPG.jpeg2009年10月9、10の両日、大好きなアコースティックデュオ「羊毛とおはな」を札幌へお招きしました。羊毛とおはなの北海道ライブは今回が初めて。ボーカルのおはなさんこと千葉はなさんは北海道へいらしたことがあるそうですが、ギターの羊毛さんこと市川和則さんは北海道へ来ること自体が初めて、とのこと。たくさんのお客様にお越しいただき、あたたかく、感動的なライブとなりました。

今回は東京・下北沢にあるmona recordsとの共同企画。全国30カ所以上を回った、羊毛とおはなのカフェツアーの最後に北海道にやって来てくれました(東京でのラストを除く)。ずっと楽しみにしていた、札幌での羊毛とおはなのライブに期待が高まります。

P1120225.JPG.jpeg初日はチョロン本店のご近所のムジカホールカフェで。ライブでは、デビューアルバムの曲から、最新の「LIVE IN LIVING 09」に収録された曲まで、オリジナル、カバーを取り交ぜて演奏していただきました。

大好きな「おまもりのうた」やCMソングにもなっている「晴れのち晴れ」などのオリジナル曲に胸を締めつけられ、「Englishman in New York」や、これもCMに使われている「All you need is love」などのカバーも楽しい。市川さんの繊細で美しいギターに、はなさんの柔らかくて力強い歌声が重なり、羊毛とおはなの音楽がホールに、そして心に響きました。

曲間のMCでは、はなさんが「寒すぎます」と札幌の印象を話し、市川さんの薄着っぷりを厳しくつっこむ場面も。また3人目のメンバーとして、今回のツアーを一緒に回っている、羊の「やまだ君」(ぬいぐるみ)も紹介されました(ライブ終了後はやまだ君の写真を撮影する人が続出)。最後の「デイドリームビリーヴァー」では手拍子も起こり、ほのぼのとした雰囲気で初日は終了しました。

RIMG2268.JPG.jpeg2日目はチョロン本店で演奏していただきました。はなさんは鮮やかなオレンジの衣装で、市川さんはこの日は帽子を脱いで登場です。やまだ君は雑貨の棚の上からお二人を見守ります。

ライブは「君住む街角」からスタート。おはなさんの歌声が、チョロンの高い天井に気持ちよく響きます。「ララルラ ラルララ」「僕は空にうたう」などのオリジナル曲を挟んで、羊毛さんの力強いギターが美しい「ビッグ.イエロー・タクシー」などのカバーも。素晴らしい演奏に胸を打たれました。

RIMG2261.JPG.jpeg曲間のおしゃべりも快調。この日のライブでは開演10分前に、ご予約いただいたお客様が全員そろい、遅れてこられる方が一人もいなかったということに、羊毛さんもおはなさんもびっくり。羊毛さんは「北海道の県民性です」と断言されていました。

あっという間に最後の曲。そして、1回目のアンコールで名曲「手のひら」を演奏した後には、予想外のダブルアンコールが。「今回のツアーでは2度目のダブルアンコールです!」とおはなさん。予定していなかった「デイドリームビリーヴァー」の演奏に、会場は大盛り上がりでした。羊毛とおはなのお二人、素晴らしい演奏を本当にどうもありがとうございました。終演後はサイン会&撮影会も行われました。お二人のお人柄もあって、アトホームな雰囲気でライブを終えることができました。

P1120203.JPG.jpeg2日間のオープニングアクトを務めていただいた「ハーモニックハンモック(ハモハモ)」のみなさんもありがとうございました。本当に素晴らしかったです。ほとんどのお客様がハモハモ初体験だったのですが、何人もから「ファンになりました」との感想をいただきました。現在レコーディング中で、年内には初のミニアルバムをリリース予定とのこと。チョロンでも応援していきたいと思います!

P1120234.JPG.jpegおまけ写真は終演後の「羊毛とおはな」「ハーモニックハンモック」。おはなさんのダブルピース、羊毛さんの微妙なピースが何ともいえません。ハモハモのボーカル・タリエさん、バイオリンのウーさんにはちょうど写真展を開催中だった写真本「葉っぱカタログ」を持っていただいています。そしてハモハモリーダー清野さんの存在感。素敵です。みなさん、また札幌にいらしてくださいね。お待ちしております!

*薄着の羊毛さん。北海道を離れる際には、着ていたシャツを新千歳空港に忘れて、なくしてしまったそうです…。

| cholon 代官山 : これまでのGallery |


「楓美のかぎ針で編む、かわいいもの」展を開きました



fumi-cover.jpg

チョロンのカタログやホームページでもおなじみのモデル楓美(ふみ)さんが、大好きなかぎ針編みで手づくりした作品を集めた本「はじめてのハンドメイド 楓美のかぎ針で編む、かわいいもの」(日本ヴォーグ社)を9月28日に出版。これを記念して「楓美のかぎ針で編む、かわいいもの」展を、2009年10月3日から23日まで、チョロン代官山の店内で開きました。
 
 
「手づくりの時間」

手づくりの作品は、一つ一つ異なった表情を持つ。
その日の自分を映し出す鏡のよう。

あれやこれやと手を動かしていくうちに、
レースやボタンたちが重なり合い、おしゃべりをはじめると、
作品がクルクルと動き出すように、表情が輝きだす。

無心で編んでいるうちに、いつの間にか心豊かになれる。
やさしい気持ちになれる幸せな時間。
それが、私にとっての手づくりの時間。

〜「楓美のかぎ針で編む、かわいいもの」本文より〜
 
 
楓美さんは実は小さいころから手づくりが大好きだったそう。初めての本には、楓美さんのファッションセンスを生かしたかわいい作品がいっぱいです。難しいテクニックは使わずに、縁編みやモチーフを中心にアクセサリーからウエアのリメイクまでのかぎ針編み作品を、楓美さん自身の着こなしとともに紹介しています。

作品展では、これらの作品を並べたほか、楓美さん手づくりモチーフ付のミニバッグなどを数量限定で、またシュシュなどが作れるオリジナルキットも販売。このほか本に掲載されている楓美さんの写真も展示しました。撮影したのは楓美さんとのコンビでたくさんの作品を撮っている写真家の中島千絵美さんです(チョロンの写真もお願いしています)。

楓美さん自身も何度もお店に足を運んでくださって、お客様と楽しくお話していただきました。

| cholon 札幌 : これまでのGallery |


「ごはんのうつわ展2009」を開きました



P1110745.JPG.jpeg2009年8月1日から9日まで、本店2Fスペースで器の展覧会「ごはんのうつわ展2009」を開きました。鎌倉にあるギャラリー「うつわ祥見」が選んだ、全国11人の作家の手による、めし碗や皿、鉢、急須、湯のみなど、食卓に並ぶ日々の器がたくさん並びました。たくさんの方にご来場いただき、手に取ってご覧いただきました。

P1110762.JPG.jpeg初日夜には、「うつわ祥見」主宰の祥見知生(しょうけん・ともお)さんを囲んでお話しする会「日々を愛する器」も行いました。みなさんで器を手に包み込み、その感触を確かめながら、楽しくおしゃべりしました。

お話会に祥見さんは自宅で使っている器を数点持参。時間を経たそれらの器は、展示されている新しい器に比べて、粉引きのものも、南蛮焼締のものも、手触りや重さ、質感が大きく変化していました。参加者全員に祥見さんの器を回して、新しい器とともに実際に感触を確認していただいたところ、その変わりぶりに驚きの声が上がるほど。

P1110731.JPG.jpeg祥見さんは「器は作家が作り上げて完成ではなく、使い続けることで、どんどん自分のものに変化していきます。貴い時間を経ることで美しくなっていくんです」とおっしゃいます。祥見さんの持参された器はところどころ欠けていたり、傷が付いていたりしましたが、その手触りは何とも心地良く、でこぼこの形も確かに美しく感じられました。祥見さんは「欠けたり、割れたりしても、あきらめずに、その器と付き合っていくこと。変化を楽しんでほしい」とも。

P1110734.JPG.jpegまた、お話会では今回出展している作家についても詳しく紹介いただきました。共通しているのは、どの作家もとても真摯に土と向き合っているということ。何だか当たり前のように聞こえますが、仕事でたくさんの器を見ている祥見さんは「正直いえば心に何も響いてこない器を作っている作家が圧倒的に多い。そんな中、今回出展いただいた方々は制作の姿勢、作品への向き合い方がまったく違う」と、作家たちの「本気」についてさまざまなエピソードを交えて語っていただきました。そして「今回出展している作家たちを見続けていてほしい。そうすることが、作家を育て、そしてその作品を育てていくことになるのですから」とおっしゃっていました。

P1110735.JPG.jpeg会期中には2度、3度と足を運んでくださったお客様もいらっしゃいました。また以前に札幌で開かれた、うつわ祥見さんの展示にいらして、その時に購入した器を大切に使っているという方も大勢いらっしゃいました。みなさん本当にありがとうございました。また、いつか祥見さんと一緒に、たくさんの器をみなさんに見ていただく機会をつくりたいと思います。

今回、たくさんの器を運んでいただいた祥見知生さんに展覧会の前にうかがったお話を以下に掲載しています。今回の展示会への期待、そして器とその作り手のみなさんに対する強い愛情が伝わってきます。さらに「ごはん」への大きな思いも。ゆっくりと、祥見さんの言葉を味わってください。

*うつわ祥見 祥見知生さんに聞きました。
 ーー今回の札幌での展示会「ごはんのうつわ展2009」に持ってきていただく器について教えてください。
shokentomoo.jpg 「ごはんのうつわ展」は、最初は鎌倉のうつわ祥見と、同じ鎌倉のごはんの店イチカワヨウスケ君の「なると屋+典座」とでスタートしました。そして昨年2008年には福岡・高知・明石・輪島・東京の5つのギャラリーでも行いました。昨年5会場で開催したのは、一つのテーマを一つのギャラリーが行うよりも深く、広く、たくさんの皆さんに伝えられるのではないか、という思いから。2年かけて作家さん、ギャラリーさんにお話をして開催をしたのです。
 テーマは「ごはんをもう一度感じる」ということなんですね。ですから、必然的に、日々のごはんに欠かせない器たちの登場となります。点数はまだ未定ですが、800点〜1000点くらいにはなると思います。具体的には、めし碗、皿、鉢、小皿、そして、ごはんの後に欠かせないお茶の道具、お急須やお湯のみ、といった器たちになります。作家さんも、こう言ってはなんですが、豪華です(笑)。
 わたしが伝えたいと思う器って「なんでもないもの」がテーマでもあるのです。そういう日々使われる器=食べる道具としての「器」にこだわって、小野哲平さん、村木雄児さん、石田誠さんなど、器好きの皆さんもよく知っていらっしゃる作り手の方の器を中心に、10名以上の作家の器と一緒に札幌へ参ります。

 ーー今回の展示会の「テーマ」を一言でいうと、どういう言葉になるのでしょうか。
 さっきも触れましたが、「ごはんをもう一度感じる」ということですね。何気なく食べているごはん、ごはんが自分の身体とこころを「つくっているんだよ」ということを、もう一回ちゃんと感じて、だからこそ、それをいただく器も、ちゃんと見てほしい、選んでほしいって伝えたいですね。
 器って、本当にいろいろな器があるんですけれど、わたしはやっぱり「手」が気持ちがいいと感じられるものが「いい器」なんじゃないかと最近思うんです。それは見せかけの「かっこよさ」ではなくて、土とか、火とか、すごく根っこの部分で、わたしたちの身体・手が無理をしないで「ああ、いいなぁ」とか「ほっとするなぁ」とか素直に感じられるもの。それが結局「いい器」なんじゃないか、ということですね。
 いまは食文化も成熟して、日本にいながらにして世界中の食べ物が食べられるし、季節も関係なく、年中「美味しいもの」が手に入りますが、それってどうなのかなぁ…と、ぼんやりと思うんですね。わたしたち人間も季節によって体が少しずつ変化しているわけで、旬の食べ物をいただくっていうのは、本当に理にかなっていますよね。そういう「旬」の食べ物を食べることに気をつけていると、自然とそれを盛る器も素朴だけど力がある器になっていくんじゃないのかな、と感じます。
 だから、「ごはん」がテーマというのは、単に使いやすい器というのも大切だろうけれど、もっと野生児のよう気持ちで「これ使ったらごはんが美味しいだろうなぁ」なんて、想像しながら一つひとつの器を見てほしいですね。

 ーーご自身のギャラリーだけでなく、全国各地で展覧会を開いていらっしゃいますが、それはなぜですか。
gohan-no-utsuwa-ten.jpg 展覧会って、何かを手渡したり、何かを感じてもらう「場」だと思うんです。だから、鎌倉の小さな場所から、様々な場所にお邪魔して、わたしが信じている「器」をたくさんの方に見て、何か感じてほしいなぁと、そんな思いで、各地で展覧会をさせていただいています。
 『うつわ日和。』『日々の器』など、何冊か器に関する本を書いているのですが、お問い合わせをいただいても、実際に見ていただかないと器の良さはなかなか伝わらないと思うんですね。本を読んでいただいたけれども、なかなか鎌倉までは行けないわ…という方にも、なるべく各地で展覧会を開いて、器を手にとっていただく機会を作りたいと、いつも願っています。 

 ーー今回の展示では、どんな風に器を見たらよいのでしょう。
 実際に器を手に包んでみてほしいです。人気の作家さんの器というだけで求める方は最近あまりいないけれど、でも、雑誌などに載っていたからこの人の器がほしい…ということもあることはあるんです。そうじゃなくて、自分の手でその器を包んで、時間をかけて、一つの器と「出会って」ほしいですね。
 「手」って正直なんですよ。器の世界では「手取り」という言葉がありますが、器は一つとして同じものがないので、その「手取り」も器によって違うのです。一点ものではそうはいかないけれど、めし碗や湯のみなどは、たくさんあるなかから、自分の手で包んで選ぶことをお勧めしたいです。それは、インターネットで何かを買うのとは全く違う、器を選ぶ「喜び」のようなものです。楽しいですよ。

 ーー気に入った器とはどんな風に「付き合えば」いいのでしょうか。
 日々、使うことに尽きます。よい器だから大事にしまいこむという方もいらっしゃるけれど、それこそ、もったいないことだと思うのです。使うっていうのは、「ともに暮らす」ということですね。作り手がちゃんと作った器ですから、最初だけが美しいのではなく、使われて経年の変化であらわれる「何か」が美しいのです。愛おしいのです。それはきっと、器と過ごした自分だけの時間の「深み」だと思うんです。
 村木雄児さんがよく言われるのですが、器は作り手が半分、使う人が半分…、つまり、器は使う人によって「作られる」ものだということなんですね。わたしは、それを「器は育てるもの」と、考えています。器を求めていだだく方に器をお渡しするときに「育ててくださいね」ってお伝えするのは、そんな思いがあってのことです。

 ーーご自身の地元の札幌で展示会を開くことに、何か特別な思いはありますか。
meshiwan21.jpg あります。あります。やっぱり、北海道って、わたしにとってとても大事な土地なんです。それは、言葉にするとありきたりだけれど、そこにいてくれるから離れていても頑張れる…っていうのでしょうか。家族を思う気持ちと同じですね。去年はすごく忙しくてなかなか北海道に帰れなかったので、苦しくなって、年末が押し迫った時期に2日間だけ帰郷したんです。「一年間、北海道に帰れないなんて嫌だ!」って思えて。なんかアイドルのような忙しさに聞こえますが(笑)、家庭人なもので、自由に家を開けられなくてということなんですけどね。
 …わたしのことは置いておいて、実は「うつわ祥見」は過去に4年間ずっと、夏に「うつわ祥見INさっぽろ」という展覧会を時計台そばのギャラリーで開かせていただいていたんです。その4年間、毎年のように楽しみに足を運んでくださった皆さんに、またお会いするのも本当に楽しみでなりません。「一年器を買わずに待っていました」「また来年も楽しみに」とお手紙やメールをいただいて、本当に感謝しています。昨年一昨年と札幌での器展をせずに、西日本でも開催が多くなって、「札幌展」をぜひまたやりたい!!と、思っていました。だから、今回、また8月に開けることは、とっても嬉しいのです。

 ーー最近のお仕事、これからの予定について教えてください。
 昨年は外での展覧会が続きましたので、鎌倉のうつわ祥見では毎月、作家さんの個展を真面目に入れています。それと別に秋には「器と道具展」を東京で、世界遺産に登録された石見銀山に拠点をおく会社と一緒に「日本のかたち 美しいめし碗展」の開催も予定しています。
 「いつでも器を会える」をテーマに鎌倉駅そばには、今年5月に「utsuwa-shoken onari NEAR」もオープンしました。ここは、木曜日以外はいつも開いているので、器たちと一緒にいられる時間が増えて、わたし自身が楽しくてしょうがないんです。 その運営にも力を入れています。それから、今年11月末に出版が決まった器の本『器、この名もなきもの』(里文出版)の原稿書きにかかります。音楽のコーディネートも今以上にやっていくつもりです。

 ーーお仕事以外で、最近関心のあることは何ですか。
kawakami.jpg 仕事以外…関心ですか。肩こりの解消法ですかね(笑)。えーと、わたしって、すごく右脳人間なんですね。だからすべて「イメージ」で物事を考える癖があるんです。そのイメージでいうと、来年2010年って、人がこれからどこへ向かっていくのかの、何か「きっかけ」となる年であるように「感じる」んですね。そのことに興味があります。きっと、宮沢賢治も、司馬遼太郎さんも、わかりやすい人ではジブリの宮崎駿監督も、それぞれの仕事で「そのこと」を深く考えて作品を作っているんじゃないでしょうか。人がどこへ向かうのか。わたしは「土」に向かうと思うんですよ、ちなみに。わたしも都会にあこがれて東京を目指した人間だけれど、いまは、行き過ぎた都市生活のなかに人の幸せはないんでしゃないかって、本当に思うんですね。北海道とか、わたしの最近よくお邪魔する高知、沖縄とか…それぞれの土地でそのことを思っている人が発信することに興味がありますね。

<祥見知生さんプロフィール>
うつわ祥見、祥見知生編集室主宰。        
北海道生まれ。インタビュー記事を中心に雑誌に文章を書く。2005年3月『うつわ日和。』(ラトルズ)を出版。以来、文章を書き、自然光で写した写真を撮り、言葉と写真で本を作りながら、音楽の会、器の展覧会を北海道、大阪、京都、高知、兵庫、福岡など各地でで開いている。2009年3月株式会社SHOKEN 設立。うつわ祥見のホームページはこちらです。
また祥見さんは今年3月、「ほぼ日刊イトイ新聞」の「あの人の本棚」に登場、5冊を紹介されました。こちらでご覧いただけます。

| cholon 札幌 : これまでのEvent |


写真イベント「みんなのコドモ展」&「りす写真館」を開きました



pfesmain1.jpg2009年も、チョロンの夏恒例の写真イベントを7月18日(土)から26日(日)まで、本店で開きました。たくさんの写真好き、カメラ好きのみなさんにご来場いただきました。ありがとうございました!

pfes1.jpg毎年夏は「フォトフェス」として、写真のイベントを開いてきましたが、今年はちょっと趣向を変えての開催。写真好き、カメラ好きが集まるインターネットのサイト「カメラピープル(通称カメピ)」を運営するモノグラムが全国から募集したコドモをめぐる写真を本店2Fスペースと、同じビル4Fのマッキナフォトにたくさん展示したほか、ちょうど同時期に札幌の別会場で写真イベントを行っていた雑誌「Re:S(りす)」、ウェブ「しゅうかんRe:Sの方々も一緒になって、写真について楽しみ、考え、語り合いました。

2Fスペースの展示は「いまのコドモ写真展」。たくさんのいまのコドモたちが見せるさまざまな表情をとらえた写真200点をずらーりと展示しました。思わず顔がニンマリしてしまうようなコドモ写真が全国から集まりました。

P1110505.JPG.jpegまた2Fの同じスペースでは「オトナになるキミへ」をテーマに全国から募集した、コドモたちの写真集「Photoback BUNKO」50作品も展示。Photobackはインターネットで自由に編集できる写真集作製サービス。BUNKOはその文庫本サイズ版です。コドモたちがいつかオトナになったときに見せたい、読ませたい、厳選されたBUNKO作品がそろいました。

いまのコドモ写真とコドモBUNKOは人気投票も実施。みなさんにじっくりご覧いただき、好きな作品を選んで投票していただきました。ご協力いただいたみなさん、ありがとうございました。全国巡回後に最終結果が発表される予定です。

4Fマッキナフォトの展示は「むかしのコドモ写真展」。昔、両親やおじいちゃん、おばあちゃん、親戚のおじさんが撮ってくれた、アナタのコドモ時代の写真約100点を展示しました。年数を経て味の出た写真がたくさん並びました。テレビに出演している自分の姿を、親が画面ごと撮影してくれたという作品もありました。

P1110583.JPG.jpeg会期中の18日には「みんなのチェキ撮影交流会」を開催。新型機が発売されたばかりのフジフイルムのインスタントカメラ「チェキ」を1台ずつ持って、会場近くを散歩しながら楽しく撮影しました。撮影後は1人3枚ずつをセレクトしフレームに入れて発表しました。ちょっと天気が悪かったのですが、光の感じもばっちり。みなさんの素晴らしい仕上がりに笑顔があふれました。

P1110624.JPG.jpeg19日はトークイベント「アルバムつくっていますか?」を開きました。カメピを運営するモノグラムの佐藤嘉宏さん、ミヤモトタクヤさんと、「Re:S(りす)」の編集長藤本智士さん、写真長の伊東俊介さんが、それぞれのコドモ時代のアルバムを見ながら、写真アルバムをつくることの大切さや楽しさについて語りました。藤本さんは「写真を撮っても、デジカメのデータやパソコンの中に残したままという人がほとんど。写真をアルバムに貼って形にして残しておかないと、絶対になくなってしまう」。ミヤモトさんも「写真を撮って、現像して、貼る写真を選んで、コメントを付けて形にする。アルバムを見れば親の愛情を本当に感じますね」と話していました。

P1110642.JPG.jpeg20日は1日限りの「りす写真館」が開館。写真家伊東俊介さんのライフワーク的活動で、記念写真、家族写真をモノクロで撮影し、手現像、手プリントの職人技で作品に仕上げます。たくさんの方が家族写真、記念写真を撮影されました。中には愛犬と一緒にという方もいらっしゃいました。

pfes3.jpg会場には全国でこれまで開催した、りす写真館で撮影された、写真もびっしりと展示。どの写真もみなさん素晴らしい笑顔で納まっていて、とても素敵でした。

| cholon 札幌 : cholonのものづくり市/これまでのEvent |


旅するもみじ市 in 北海道!



m_top.jpg

旅は好きですか? 2009年の6月最後の週末、チョロンが札幌で「ものづくり」の市を開きます。出店するのは、さまざまなジャンルのつくり手や、フードやドリンクをつくる仲間たち。素敵な音楽や映画のイベントもあり、30組を超える出店者、出演者が集まります。

きっかけは毎年秋、東京の狛江市で開かれている「もみじ市」。ものづくりに取り組む人たちが集まり、お客様と出会い、ふれあう場となっており、たくさんの人に支持されています。もみじ市は2006年にスタート。春の「花市」も含めて5回目となった昨年秋は、多摩川の広い河川敷を会場に約70組が出店・出演し、2日間の来場者は約2万人を数えました。回を重ねて、もみじ市はものづくりを愛する人たちが全国から集まる大きなイベントとなりました。

そのもみじ市とチョロンの思いが響き合い、もみじ市が札幌へ旅して来ることになりました。題して「旅するもみじ市 in 北海道」。もみじ市を訪れて感激したチョロン店主の菊地智子が「北海道でも開きたい」と、実行委の中心となっている手紙社のスタッフと意気投合し、開催が実現しました。

今回の「旅するもみじ市」では、ほぼ毎回出店している、さまざまなジャンルのつくり手や、おいしいフードをつくっているみなさん、素敵な音楽家たちが10数組、札幌を訪れます。そして地元北海道からも、ものづくりをしている人たちが大勢参加します。

作品の販売だけでなく、ワークショップや、フード・ドリンクの出店もあります。もちろん、もみじ市にはかかせない音楽ライブも! 初夏の気候のいい札幌で、みなさんと一緒に楽しみたい。きっと、たくさんの出会いが生まれるでしょう。ぜひ、出店者・出演者とお話をして、作品にふれて、うれしい「旅の思い出」をいっぱいつくってくださいね。

会場になるのは、札幌のシンボル大通公園の西側。チョロンがある西12丁目のご近所に呼びかけて4つの場所でいろいろなイベントが行われます。西12丁目から西17丁目にかけての界隈でワイワイと盛り上がります。会場は4カ所に分かれていますが歩ける範囲にあります。お散歩がてら巡ってもらえたらうれしいです。

特設ブログに出店者・出演者の紹介などを掲載しています。ぜひご覧ください。

*旅するもみじ市概要
日程:2009年6月27日(土)〜28日(日)
時間:27日 11:00〜19:00、ライブ19:30〜
   28日 11:00〜17:00、ライブ12:30〜
   <会場によって時間が異なりますのでご注意ください>

会場:cholon本店、同2Fスペース、アトリエモリヒコ
   マッキナフォト(以上、札幌市中央区南1西12 ASビル)
   まほうの絵ふで(札幌市中央区大通西13)
   space1-15(札幌市中央区南1西15 シャトー・ル・レーヴ)
   D&DEPARTMENT SAPPORO(札幌市中央区大通西17)
 *会場は4つの建物に分かれます。当日は出店者が一覧できるマップを配布。

*「旅するもみじ市 in 北海道」の特設ブログはこちらからご覧いただけます。

 1  |  2  |  3  |  4  |  5  | All