cholon

web shop
news
events
work
journal
photo
cholon book
shop info

how
cart

map
mail

cholon
ch_sa_side.gif

Category

Archive

ch_sa_text.gif

« 2009年02月 | メイン | 2009年05月 »

2009年04月

| cholon 札幌 : これまでの手作り教室 |


カルトナージュでオルゴールボックス



P1100148.JPG
2009年3月28日、本店2Fスペースでカルトナージュ教室を開きました。教室も今回で4回目。4人の方にご参加いただき、いつものようにアットホームな感じで楽しく進みました。約2時間半で、全員がオルゴールボックス型のかわいい小物入れを完成させました。

カルトナージュは、厚紙で作った箱などに好きな布を貼ったり、自由な飾り付けをして自分だけの作品を完成させるフランスの伝統工芸。講師は今回もビーズ&クラフトショップ「Aim」店長の田中理代さんです。優しく、てきぱきと指導してくれました。

P1100091.JPG P1100094.JPG
今回チャレンジしたオルゴールボックス型の小物入れは、ふたがぱたんぱたんと開け閉めできるタイプで、これまで3回の教室で作ったものよりも造りがやや複雑です。まずは箱の組み立てからスタート。あらかじめサイズ通りにきっちりと切られた厚紙を、水テープを使ってしっかり組み上げていきます。このサイズぴったりに紙を切る作業がやや難関で時間もかかるので、今回は特別に田中さんにパーツごとに切って持ってきていただきました。

P1100099.JPG P1100102.JPG
箱ができたら、はけでボンドを均一に塗り、リネン生地を貼っていきます。しわにならないように、空気が入らないように、慎重に作業を進めます。みなさん手際よく進んでいます。

P1100118.JPG P1100119.JPG
箱の下の部分ができたら、ふたを取り付けます。ふたには少し詰め物をして厚みを出してあります。開けたり閉めたりと動く部分なので強度を出さなければなりません。そして少しのズレでもうまく閉まらなくなるので、まっすぐきっちりと取り付けていきます。

P1100132.JPG P1100131.JPG
内側にも好きな色の紙を貼って、箱は完成。あとは飾り付けです。リネンテープや大小さまざまな大きさのボタンやビーズで、好きなようにデザインして作っていきました。ここが楽しい悩みどころ。何度も何度もリボンやボタンを置いたり、外したりの作業が続き、ようやく完成しました!

一番上の写真にあるように、それぞれちょっとずつ違ったデザインの小物入れができあがりました。結んだリボンが付いていたり、ボタンがぷちっと並んでいたり。同じ形の小物入れですが、雰囲気の違った自分だけのカルトナージュの完成です。3時間近く集中していたので、みなさんきっとかなりお疲れだったのではないでしょうか。それでも全員がかわいくできあがり、うれしそうでした。ありがとうございました。また次回のカルトナージュ教室もお楽しみに!