cholon

web shop
news
events
work
journal
photo
cholon book
shop info

how
cart

map
mail

cholon
ch_sa_side.gif

Category

Archive

ch_sa_text.gif

« 2009年06月 | メイン | 2009年08月 »

2009年07月

| cholon 札幌 : これまでのEvent |


写真イベント「みんなのコドモ展」&「りす写真館」を開きました



pfesmain1.jpg2009年も、チョロンの夏恒例の写真イベントを7月18日(土)から26日(日)まで、本店で開きました。たくさんの写真好き、カメラ好きのみなさんにご来場いただきました。ありがとうございました!

pfes1.jpg毎年夏は「フォトフェス」として、写真のイベントを開いてきましたが、今年はちょっと趣向を変えての開催。写真好き、カメラ好きが集まるインターネットのサイト「カメラピープル(通称カメピ)」を運営するモノグラムが全国から募集したコドモをめぐる写真を本店2Fスペースと、同じビル4Fのマッキナフォトにたくさん展示したほか、ちょうど同時期に札幌の別会場で写真イベントを行っていた雑誌「Re:S(りす)」、ウェブ「しゅうかんRe:Sの方々も一緒になって、写真について楽しみ、考え、語り合いました。

2Fスペースの展示は「いまのコドモ写真展」。たくさんのいまのコドモたちが見せるさまざまな表情をとらえた写真200点をずらーりと展示しました。思わず顔がニンマリしてしまうようなコドモ写真が全国から集まりました。

P1110505.JPG.jpegまた2Fの同じスペースでは「オトナになるキミへ」をテーマに全国から募集した、コドモたちの写真集「Photoback BUNKO」50作品も展示。Photobackはインターネットで自由に編集できる写真集作製サービス。BUNKOはその文庫本サイズ版です。コドモたちがいつかオトナになったときに見せたい、読ませたい、厳選されたBUNKO作品がそろいました。

いまのコドモ写真とコドモBUNKOは人気投票も実施。みなさんにじっくりご覧いただき、好きな作品を選んで投票していただきました。ご協力いただいたみなさん、ありがとうございました。全国巡回後に最終結果が発表される予定です。

4Fマッキナフォトの展示は「むかしのコドモ写真展」。昔、両親やおじいちゃん、おばあちゃん、親戚のおじさんが撮ってくれた、アナタのコドモ時代の写真約100点を展示しました。年数を経て味の出た写真がたくさん並びました。テレビに出演している自分の姿を、親が画面ごと撮影してくれたという作品もありました。

P1110583.JPG.jpeg会期中の18日には「みんなのチェキ撮影交流会」を開催。新型機が発売されたばかりのフジフイルムのインスタントカメラ「チェキ」を1台ずつ持って、会場近くを散歩しながら楽しく撮影しました。撮影後は1人3枚ずつをセレクトしフレームに入れて発表しました。ちょっと天気が悪かったのですが、光の感じもばっちり。みなさんの素晴らしい仕上がりに笑顔があふれました。

P1110624.JPG.jpeg19日はトークイベント「アルバムつくっていますか?」を開きました。カメピを運営するモノグラムの佐藤嘉宏さん、ミヤモトタクヤさんと、「Re:S(りす)」の編集長藤本智士さん、写真長の伊東俊介さんが、それぞれのコドモ時代のアルバムを見ながら、写真アルバムをつくることの大切さや楽しさについて語りました。藤本さんは「写真を撮っても、デジカメのデータやパソコンの中に残したままという人がほとんど。写真をアルバムに貼って形にして残しておかないと、絶対になくなってしまう」。ミヤモトさんも「写真を撮って、現像して、貼る写真を選んで、コメントを付けて形にする。アルバムを見れば親の愛情を本当に感じますね」と話していました。

P1110642.JPG.jpeg20日は1日限りの「りす写真館」が開館。写真家伊東俊介さんのライフワーク的活動で、記念写真、家族写真をモノクロで撮影し、手現像、手プリントの職人技で作品に仕上げます。たくさんの方が家族写真、記念写真を撮影されました。中には愛犬と一緒にという方もいらっしゃいました。

pfes3.jpg会場には全国でこれまで開催した、りす写真館で撮影された、写真もびっしりと展示。どの写真もみなさん素晴らしい笑顔で納まっていて、とても素敵でした。