cholon

web shop
news
events
work
journal
photo
cholon book
shop info

how
cart

map
mail

cholon
ch_sa_side.gif

Category

Archive

ch_sa_text.gif

« 2010年09月 | メイン | 2010年12月 »

2010年11月

| cholon 札幌 : これまでのGallery/これまでの手作り教室 |


紙片(かみへん) 岡崎真吾×井上陽子×drop around



紙の作品やプロダクトを紹介する展覧会「紙片(かみへん)」を2010年11月3日から7日まで、札幌本店2Fスペースで開きました。

「紙のかけらから生まれるもの、紙のかけらからはじまるもの」を掲げ、紙とのかかわりが深い3組が、さまざまに姿を変えた紙の形を見せてくれました。大分在住のデザイナー岡崎真吾さん、イラストレーターでクラフト作家の井上陽子さん、旅をテーマに活動しているデザインユニットdrop aroundの3組。それぞれの個性あふれる紙の作品、製品が並びました。

岡崎さんのコーナー。一点ずつ傷やさびを付けるなどで丁寧に手作りされた封筒や、コラージュの箱などが並びました。

drop aroundの遊び心あふれるポップな紙作品の数々。かわいいトランプ、レシートなどの実用品も。

井上さんはコラージュによるラッピングペーパーや、青焼きが新鮮なポスターなどを。サンプルのジャバラ本に目が奪われます。


会期中にはdrop aroundによるワークショップ「紙の時計をつくろう」も行いました。

drop手作りの箱に入った時計キットを使います。もうかわいいです。箱を開けて中身を確認したら、早速デザインを考えます。丸い形にするか、四角にするか、それとも三角? 六角形? ラフなイメージを鉛筆で描き出します。


イメージを元に、厚紙に展開図を描いていきます。これがなかなか難しい。組み立て上がったところを想像しながら、図面を引きます。定規をきちっとあてて。のりしろの位置も間違えないように。

形が決まったら、切り出して組み立てていきます。中には時計のキットを仕込みます。


dropがトランクいっぱいに持って来てくれた「紙片」から使いたいものを自由に選んで、完成を目指します。かわいくて、不思議な図柄の紙がたくさんで選ぶのに迷います。紙片をコラージュしたり、穴を開けたり、テープを飾ったり、スタンプを押したり。それぞれの個性が出ます。みなさん集中している様子で黙々と作業が進みました。


みなさん素晴らしい出来映えでした! dropのお二人も「みなさん、すごい集中力。作業も手早くて、あんまり指導するようなことはありませんでした」と話されていました。