cholon

web shop
news
events
work
journal
photo
cholon book
shop info

how
cart

map
mail

cholon
ch_sa_side.gif

Category

Archive

ch_sa_text.gif

« 2011年10月 | メイン | 2011年12月 »

2011年11月

| cholon 札幌 : これまでのGallery |


すずきもも個展「あるいていこう ハルとノンノのちいさな暮らしの巻」




2011年11月24日から28日まで、チョロン札幌本店2Fスペースで、札幌在住のイラストレーターすずきももさんの個展を開きました。前年に続いての個展のタイトルは「あるいていこう ハルとノンノのちいさな暮らしの巻」。ハルとノンノの2人を主人公にした新作絵本のタイトルです。その絵本をはじめ、イラストやグッズがたくさん展示され、会場はすっかり「ももさんワールド」になりました。


アイヌ語で「ハル」は自然から生まれた食物、「ノンノ」は花の意味。その名前のついた2人のささやかな、でも楽しく、正しい生活を描いた、小さな絵本。とってもかわいく、素敵なお話です。絵本の原画も展示しました。

このほか、北海道の自然をモチーフにしたイラストもたくさん。2012年のカレンダーやカードも。


天井にはウサギもはねていますよー。

これまでに出版された本なども並びました。

今回も「パン」とのコラボが。パン大好きで、パンについての本も出版している、ももさんの大のお気に入りのパン職人さんによる焼きたてパンが毎日日替わりで並びます。初日は森本まどかさんのペイザン(ぶどう、いちじく、クルミ)、イングリッシュマフィン、豆乳黒豆パンが登場しました。とっても、いい香りでした!

パンと絵本、カード、マグカップ、はちみつ(このはちみつは札幌の盤渓産。ももさんがパッケージのイラストを描いています)、カレンダーなどを、ももさんのオリジナルトートバッグに入れたセットも個数限定で販売しました。


前年の個展「森のくまさん パン屋さんになるの巻」の様子はこちらのページでご覧いただけます。

| cholon 札幌 : これまでの写真教室 |


ひとに見せたくなる写真集ワークショップ 11月3日(木・祝)




「人に見せたくなる写真集」をつくるコツを、編集者の山村光春さんに学ぶワークショップを、2011
年11月3日、チョロン札幌本店2Fスペースで開きました。

このワークショップは、インターネット上で、自分だけの写真集を作ることができるサービスPhotoback(フォトバック)が全国で開いています。北海道ではチョロン札幌本店で行われ、札幌市内外から15人が参加しました。「ひとに見せて楽しんでもらえる写真集をつくろう」がテーマ。初めに山村さんが、どうしたら人に見てもらえる写真集となるかの「7つのこと」をレクチャー。実際に出版されている写真集を使って、そのテクニックについて伝授しました。

講義の後は実践です。16ページの写真集に収まるよう、持参した自身で撮影した写真をセレクトし、教わった7つの秘訣に沿って構成を考えます。これがなかなか難しい。みなさん頭を悩ませながら、16ページの白紙の冊子に写真を貼り付け、自分なりの写真集を完成させました。

完成したら全員の前で発表です。なぜその写真をセレクトをしたのか、どういう方針で編集したのかを説明。それに山村さんが的確に、楽しいコメントをしてくださいます。

ワークショップには7歳の女の子も参加。全国で開かれているワークショップの中でも最年少だそうです。その写真の構図のよさ、編集のうまさには参加したみなさんも山村さんも驚いていました。これからも写真をたくさん撮ってくださいね。

わきあいあいと笑いながら、写真集の編集のノウハウを学ぶことができたワークショップ。みなさん、写真を撮るのがますます楽しみになったようです。ご参加いただいたみなさん、山村さん、ありがとうございました。

| cholon 札幌 : これまでのGallery |


MADE BY ENGLISH スティーブ・ザムブーニ創作家具展



madebyenglish.jpg
2011年10月27日から31日まで、札幌在住の英国人木工アーティストbuni deco(ブニ・デコ)ことスティーブ・ザムブーニさんの個展「MADE BY ENGLISH」をチョロン札幌本店2Fスペースで開きました。

廃材の風合いを生かした、かわいくて素敵な家具やオブジェがたくさん並んでいます。わくわくするようなディスプレイになりました。



イギリスから来日したスティーブさんは、環境保護ボランティアとして滞在した釧路で、流木の美しさにみせられ、家具やアート作品の製作を開始。現在は活動場所を札幌へ移し、シンプルであたたかい作品を丁寧に作り続けています。


丁寧に、遊び心たっぷりに仕上げた作品ばかり。


いろいろな素材のカッティングボードもたくさん。

こども部屋にちょうどよさそうなサイズの家具もあります。

時計もかわいい。アンティークの置き時計のフォルムをまねたようなものや、鳩が最初から顔をのぞかせているハト時計も。

1点1点デザインが異なる木製のコースターもずらり。張り合わせた木の模様や感触が何ともいえない味わいです。

作品はすべて販売し、たくさんのみなさんいお買い上げいただきました。会期中はスティーブさん、奥様で、チョロンのオリジナルアクセサリーでもおなじみのアクセサリー作家ザムブーニ美樹さんも一緒に会場にいらっしゃっていただき、大勢の方と楽しくお話しもいただきました。ありがとうございました。