cholon

web shop
news
events
work
journal
photo
cholon book
shop info

how
cart

map
mail

cholon
ch_sa_side.gif

Category

Archive

ch_sa_text.gif

これまでの手作り教室

| cholon 札幌 : これまでのGallery/これまでの手作り教室 |


早川ユミの種まきびとのものつくり展




2011年4月8日から10日まで、札幌本店2Fスペースで、布作家早川ユミさんの個展「早川ユミの種まきびとのものつくり展」を開きました。

高知の山のてっぺんにある自宅で、ユミさんの手がちくちくちくちくと生み出した、つぎはぎのワンピースやもんぺパンツ、渋柿染めのバッグなど、気持ちが落ち着くような作品が並びました。



安心できる手触りのしっかりとした布を、シンプルに、丁寧に仕立てた作品ばかり。洋服やもんぺは着心地ももちろんよさそう。



エブロンやざぶとんなども素敵です。アジアの手紡ぎ布、山岳少数民族の布、藍などの布が美しく使われています。チョロンのスペースがすっかり「ユミワールド」に染まりました。


チョロンのスタッフがもんぺをはいてみました。気持ちいい! 大きなポケットもかわいいです! チョロンのレース付きノーカラーブラウス、バレエシューズとの相性もぴったり。

9日夜にはユミさんをお迎えして、スペシャルイベント「お話し会」を開きました。大勢のみなさんにいらしていただきました。札幌市内だけでなく、遠くからお越しいただいた方もたくさんいらっしゃいました。

ユミさんと、ユミさんの著作の編集者でもある祥見知生さんとのお話し会。気心の知れた、そしてお互いを尊敬し合うお二人のお話は、食べること、暮らすこと、生きることへとどんどん広がっていきました。

高知の山のてっぺんでの畑仕事やハチの世話など、ユミさんのふだんの暮らしの様子を切り取った写真もたくさんご覧いただきました。「暮らしを、お金ではなく『いのちのものさし』で測りたい」とのユミさんのお話には、集まったみなさんの多くが大きくうなずいていました。

会場には、福島から札幌へ一時避難されているという方や、現在子育て中という方もいらっしゃって、生きること、生きていくことについての切実な質問やお話も。暮らしていくということについて、いろいろ考えさせられる夜になりました。

また最終日の10日には、ワークショップも開きました。ユミさんの指導でちくちくと縫い物をしました。午前と午後の2回、展示会場の半分ぐらいを使って開きました。

参加者のみなさんには、体を締め付けないうれしい着心地の「シミーズ」か「ふんどしパンツ」のどちらかを選んでいただき、ちくちくと作りました。シミーズもふんどしパンツもユミさんが普段から愛用しているもの。太い刺繍針と太めの糸を使って、どんどんと縫い進めます。

手を動かしながら、ユミさんとお話し。「これまでに百回作ったごはん」「最近読んだ本」など、話題はあちこちに飛びながら、ぺちゃくちゃおしゃべりしながら、手もどんどん動かしながら、ワークショップはにぎやかに進みます。

午前も午後も2時間ちょっとで、みなさんそれぞれに出来上がり。楽しく笑顔でシミーズやふんどしパンツを完成させました。楽しいワークショップになりました。ワークショップで札幌で初めて開いたユミさんの個展も終了。あっという間の3日間でした。ユミさんも古本屋めぐりなどして札幌がすっかり気に入った様子。「また絶対に戻って来ますね」とおっしゃっていました。

| cholon 札幌 : これまでのGallery/これまでの手作り教室 |


tek 「わらう まいにち展」




2011年2月9日から13日まで、チョロン札幌本店2Fスペースで、旭川を拠点に「あそぶもの」をテーマにした製品をつくり出しているブランド「tek(てく)」の展示会「あそぶ まいにち展」を開きました。木のぬくもりが感じられて、思わずくすっとほほえんでしまうようなデザインの、かわいくて、おもしろくて、素敵な製品が並びました。


tekは、旭川の木工メーカー「cosine(コサイン)」に務めていたデザイナーのいしづかゆりさんが独立して始めたブランド。大人も子どもも一緒になって遊ぶことができる、どこか懐かしく、ちょっと新しい「あそび道具」を作っています。だれかと一緒に笑い合えたり、だれかの心をほっとあたたかくできたり、暮らしをしあわせに、豊かにする、そんな製品がそろっています。見ているとほんわかとうれしくなります。

これは「つながるカレンダー」。月と日のパネルを入れ替えて毎日使える万年カレンダーです。月と日のイラストがうまくつながって物語をつくり出します。意外な組み合わせの日もあって、毎日楽しい!

「小相撲」は、力士にみたてた木の独楽を、木の土俵の中で回して、取り組みを行います。知らず知らずに熱が入ってきますよ。

顔のパーツを木製のマグネットにした「smiley(スマイリー)」。福笑いみたいにいろいろな顔を作って遊べます。シンプルだけど、表情豊か。伝言メモを留めたりするのにも便利です。

「紙工作」も懐かしい。チョキチョキはさみで切って組み立てて遊んでください。すごろく、きせかえ、紙相撲など、全部欲しくなります。

木製パーツと革ひもがセットになった「かざりあそび」。小鳥や花、雪の結晶などの形があります。

紙のものも。「柄紙」は伝統的な千代紙のように片面だけに模様やイラストが描かれています。

いしづかさんのイラストも展示しました。北海道弁のイラストは、cosineのPR誌に連載していたものをまとめたそう。おもしろい! いしづかさんが編集に関わっていたそのPR誌のバックナンバーもあります。

cosineの子ども向けの家具や、カッティングボードなどの木工製品も同時に並べました。いすには実際に座っていただけます。こちらも注文販売しています。

会期中には、いしづかさんの指導で、フェルトのカラフルなモビールをつくるワークショップも開きました。厚めのフェルトを動物や木の形に切り抜き、針と糸でつなぎます。みなさん楽しく作業を進め、かわいらしい作品を完成させていました。
workshop1.jpg workshop2.jpg

| cholon 札幌 : これまでのGallery/これまでの手作り教室 |


紙片(かみへん) 岡崎真吾×井上陽子×drop around



紙の作品やプロダクトを紹介する展覧会「紙片(かみへん)」を2010年11月3日から7日まで、札幌本店2Fスペースで開きました。

「紙のかけらから生まれるもの、紙のかけらからはじまるもの」を掲げ、紙とのかかわりが深い3組が、さまざまに姿を変えた紙の形を見せてくれました。大分在住のデザイナー岡崎真吾さん、イラストレーターでクラフト作家の井上陽子さん、旅をテーマに活動しているデザインユニットdrop aroundの3組。それぞれの個性あふれる紙の作品、製品が並びました。

岡崎さんのコーナー。一点ずつ傷やさびを付けるなどで丁寧に手作りされた封筒や、コラージュの箱などが並びました。

drop aroundの遊び心あふれるポップな紙作品の数々。かわいいトランプ、レシートなどの実用品も。

井上さんはコラージュによるラッピングペーパーや、青焼きが新鮮なポスターなどを。サンプルのジャバラ本に目が奪われます。


会期中にはdrop aroundによるワークショップ「紙の時計をつくろう」も行いました。

drop手作りの箱に入った時計キットを使います。もうかわいいです。箱を開けて中身を確認したら、早速デザインを考えます。丸い形にするか、四角にするか、それとも三角? 六角形? ラフなイメージを鉛筆で描き出します。


イメージを元に、厚紙に展開図を描いていきます。これがなかなか難しい。組み立て上がったところを想像しながら、図面を引きます。定規をきちっとあてて。のりしろの位置も間違えないように。

形が決まったら、切り出して組み立てていきます。中には時計のキットを仕込みます。


dropがトランクいっぱいに持って来てくれた「紙片」から使いたいものを自由に選んで、完成を目指します。かわいくて、不思議な図柄の紙がたくさんで選ぶのに迷います。紙片をコラージュしたり、穴を開けたり、テープを飾ったり、スタンプを押したり。それぞれの個性が出ます。みなさん集中している様子で黙々と作業が進みました。


みなさん素晴らしい出来映えでした! dropのお二人も「みなさん、すごい集中力。作業も手早くて、あんまり指導するようなことはありませんでした」と話されていました。

| cholon 札幌 : これまでのEvent/これまでの手作り教室 |


福田利之×桑原奈津子×cholon お菓子と珈琲の時間




イラストレーターの福田利之さん、料理研究家の桑原奈津子さんと一緒に作った、イラスト入りのオリジナルのお菓子缶「お菓子と珈琲の時間」の販売に合わせて、福田さんの「ワークショップ&茶話会」を2010年9月23日、札幌本店2Fスペースで開きました。

茶話会には、当初はご参加いただけない予定だった桑原さんも急きょ札幌まで駆けつけていただきました。おかげでみなさんには桑原さんのおいしいケーキも食べていただくことができましたー。うれしかったです! おいしかったですねー!

ワークショップは、コラージュで文庫本ブックカバーを作る内容。コラージュのための素材を、福田さんが大きなトランクにぎっしり詰めて持ってきてくれました。雑誌やパンフレットの切り抜きに、お菓子や薬のパッケージ、お土産品の包み紙などなど。「見る人によっては、ただの紙ごみですけどね…」と福田さん。いえいえ、参加したみなさん、素材を前に宝の山に出合ったみたいに目をキラキラさせていましたよー。福田さんの後ろの棚に並んでいるのが、お宝山です。

ワークショップは最初に全員が自己紹介。参加者の中には函館から駆けつけたという方もいらっしゃいました。福田さんが流れを説明して作業開始。お宝山から発掘したお気に入りの素材を前に、どんなデザインにしようか頭をひねります。福田さんもテーブルを回ってアドバイスしたり、ちょっと休憩したり。みなさん、黙々と手を進めます。

心配そうに見守る福田さん。

アドバイスする福田さん。


宝の山の一部。


順調に進む作業にほくそ笑む福田さん。

「後はおまかせで…」。ちょっと休憩。

黙々と作業中。


2時間弱でデザインは完成。切り貼りした作品をカラーコピーして、ブックカバーの出来上がりです。みなさんの素晴らしい出来を福田さんも絶賛。「本当に素晴らしい。北海道だからか緑色が印象的な作品が多いですね」とおっしゃっていました。みなさんの作品を棚に並べて撮影タイム。作品を手に全員で記念写真も撮りました。

ブックカバーが出来上がった後は、茶話会です。

「ほぼ日刊イトイ新聞」の連載「カッパとウサギのコーヒーさがし」でも大のコーヒー好きとして知られる福田さんが丁寧にコーヒーをいれてくれます。桑原さんのお菓子は「バナナのチーズケーキ」「チョコレートチーズケーキ」の2種類。桑原さんのケーキはどこでも大人気で、なかなか食べることができません。本当にいらしていただけてよかった。

福田さんにはせっせとコーヒーをいれていただき、おかわりのサービスもしていただきました。お話も盛り上がりました!

サインの行列も。この日から販売スタートした、お菓子とコーヒーの詰め合わせ缶のふたにサインする福田さん。
福田さん、桑原さん、そして参加いただいたみなさんのおかげで、とっても楽しいワークショップ&茶話会になりました。ありがとうございました! 福田さん、桑原さんにはまた札幌にいらしていただきたいと思います!

| cholon 札幌 : これまでの手作り教室 |


カルトナージュでオルゴールボックス



P1100148.JPG
2009年3月28日、本店2Fスペースでカルトナージュ教室を開きました。教室も今回で4回目。4人の方にご参加いただき、いつものようにアットホームな感じで楽しく進みました。約2時間半で、全員がオルゴールボックス型のかわいい小物入れを完成させました。

カルトナージュは、厚紙で作った箱などに好きな布を貼ったり、自由な飾り付けをして自分だけの作品を完成させるフランスの伝統工芸。講師は今回もビーズ&クラフトショップ「Aim」店長の田中理代さんです。優しく、てきぱきと指導してくれました。

P1100091.JPG P1100094.JPG
今回チャレンジしたオルゴールボックス型の小物入れは、ふたがぱたんぱたんと開け閉めできるタイプで、これまで3回の教室で作ったものよりも造りがやや複雑です。まずは箱の組み立てからスタート。あらかじめサイズ通りにきっちりと切られた厚紙を、水テープを使ってしっかり組み上げていきます。このサイズぴったりに紙を切る作業がやや難関で時間もかかるので、今回は特別に田中さんにパーツごとに切って持ってきていただきました。

P1100099.JPG P1100102.JPG
箱ができたら、はけでボンドを均一に塗り、リネン生地を貼っていきます。しわにならないように、空気が入らないように、慎重に作業を進めます。みなさん手際よく進んでいます。

P1100118.JPG P1100119.JPG
箱の下の部分ができたら、ふたを取り付けます。ふたには少し詰め物をして厚みを出してあります。開けたり閉めたりと動く部分なので強度を出さなければなりません。そして少しのズレでもうまく閉まらなくなるので、まっすぐきっちりと取り付けていきます。

P1100132.JPG P1100131.JPG
内側にも好きな色の紙を貼って、箱は完成。あとは飾り付けです。リネンテープや大小さまざまな大きさのボタンやビーズで、好きなようにデザインして作っていきました。ここが楽しい悩みどころ。何度も何度もリボンやボタンを置いたり、外したりの作業が続き、ようやく完成しました!

一番上の写真にあるように、それぞれちょっとずつ違ったデザインの小物入れができあがりました。結んだリボンが付いていたり、ボタンがぷちっと並んでいたり。同じ形の小物入れですが、雰囲気の違った自分だけのカルトナージュの完成です。3時間近く集中していたので、みなさんきっとかなりお疲れだったのではないでしょうか。それでも全員がかわいくできあがり、うれしそうでした。ありがとうございました。また次回のカルトナージュ教室もお楽しみに!

| cholon 札幌 : これまでの手作り教室 |


リボン刺繍教室を開きました



P1080684.JPG
2009年1月17日(土)と26日(月)の2日間、本店2Fスペースで「リボン刺繍」のワークショップを開きました。映画館「シアターキノ」(札幌市中央区南3西6)でのスイス映画「マルタのやさしい刺繍」の上映に合わせた教室。映画の中には伝統の美しい刺繍が登場するので、みなさんにも刺繍を楽しんでいただこうと企画しました。

2回の教室には合わせて11人の手作り好きのみなさんが参加。講師には刺繍やパッチワークの教室を開いている丸山幸子さんをお迎えして、初歩から教えていただきました。参加者の中には「刺繍は初めて」とか「針を持つのも久しぶり」とかいう方もいらして、最初は丸山さんもやや不安げでしたが、作業が進むに連れてみなさん慣れてきて、最後はすいすい。全員がかわいいフレームを完成させることができました。

P1080690.JPG P1080696.JPG
リボンは普通の糸よりも、もちろん幅広なので、針に通すのも少し勝手が違います。玉止めを作る方法も慣れないと少し面倒。リボンを針に通す段階でひと苦労でしたが、丸山さんに手助けしていただきながら、ちくちくと刺繍がスタートしました。

P1080699.JPG P1080704.JPG
ひと針ひと針、慎重に刺して、お花の図柄を作っていきます。時々、机の上に置いてバランスを見ながら作業を進めます。最初は先生も交えておしゃべりもにぎやかでしたが、徐々にしんとしてきました。みなさん真剣です。最初にチャコペンで布に書いた下絵と刺繍が少しずれてしまう方もいましたが(時間が経つと自然に消えるチャコペンだったんです!)、丸山さんの「それも個性のうち。みんな同じっていうのもね」との言葉に力を得て、みなさん伸び伸び取り組んでいました。ちくちくちくちく、だんだんときれいなお花が咲いてきました。

P1080715.JPG P1080717.JPG
刺繍が終わったら、フレームに納めて完成です。ここでもバランスを考えて慎重に。それぞれにちょっとずつ違った、かわいい作品が出来上がりました。ちょっぴり苦労したところもありましたが、どれも素敵な出来映え。素晴らしいです。みなさん、ご自身の作品を大事にしてくださいね。丸山さんも「みなさん無事にかわいく完成できてよかったです」とうれしそうでした。

P1080543.JPG
このほか、映画の上映に合わせて本店では刺繍をはじめとする手芸関係の洋書の展示・販売や、刺繍のミニ作品展を開きました。東京・神田神保町の手芸の本専門店art-bookshopにご協力いただいています。クロスステッチ、レース編み、キルト、ぬいぐるみ…。実用的なのはもちろん、眺めているだけでもうれしくなる本ばかりが並びました。手作り好きの大勢の方にご来店いただきました。また展示した刺繍作品もいずれも個性的で、好評でした。

| cholon 札幌 : これまでの手作り教室 |


陶製「キャンドルシェード」ができました



P2080020.jpg
2008年11月21日(金)、22日(土)の2日間、本店2Fスペースで陶作家石神照美さんの陶製キャンドルシェードの教室を開きました。3回の教室で合計12人のみなさんに参加していただきました。粘土の板を好きな形に切って組み立てていく工作感覚の陶芸。個性的な作品がみなさんの手で産み出されました。

石神さんの教室は前年に続いて2度目。昨年も同じように粘土板を切って組み立てる内容でしたが、作ったのは小さなオブジェ。今年はサイズも大きく、中にろうそくを入れられるよう立体にしなければなりません。みなさん、気合が入ります。

P1080023.jpg P1080030.jpg
まず最初に、どんなデザインにするかのアイデアを紙に描いていきます。家や教会のような形にする人、小さな四角い穴をたくさん空けていく人、ろうそくの光がつくる影まで計算して模様の形を工夫する人…、それぞれの個性が表れます。ただあんまり細かくしすぎると、焼いた時に割れてしまう心配も増えますので、そのバランスが難しい。それでもみなさん、かなり難易度の高そうなデザインにチャレンジしているようです。

デザインが決まったら、自分のデザインに合わせて型紙を作り、それを粘土板にあてて切り取っていきます。慎重に、慎重に。四角っぽいものがあったり、全体に丸かったり、がたがたとしていたり、いろいろな形に粘土板が切り取られていきます。そうして出来たパーツを、とろとろに溶いた粘土を接着剤かわりにして張り合わせて立体にします。張り合わせる部分は少し削って、接着剤が付きやすくします。

P1080050.jpg P1080058.jpg
形が出来上がってきました。そうしたら今度は細い棒などを使って、穴を空けていきます。この穴からろうそくの明かりが漏れてくるので、ここが大事なポイント。みなさん、明かりをイメージしながら穴を空けます。小さな穴をたくさん空ける人、大胆に大きく切り取ってしまう人、ここにも個性が出ます。

中にろうそくを入れてみて、どんな風に明かりが漏れてくるかも確かめて、出来上がり。みなさんの作品は石神さんが工房へ持ち帰り、乾燥させたうえ、上に白い土を塗って窯で焼き上げました。見事に完成!

P1080315.jpgずらりと並べて写真を撮ったら、小さな街のように見えました。みなさん、自分だけの作品に明かりをともして楽しんでくださいね。

| cholon 札幌 : これまでの手作り教室 |


花光さんのクリスマスリース



P1070966.JPG
2008年11月20日と12月11日の2日間、本店向かいのお花屋さん「佐藤花光(さとうはなみつ)」さんによる「クリスマスリース教室」を、本店2Fスペースで開きました。両日とも午後2時からと夜7時からの2回の開催で、4回合わせて42人のみなさんにご参加いただきました。

佐藤花光さんは、本店隣のカフェ「アトリエモリヒコ」店内のダイナミックなフラワーアレンジでもおなじみの個性的で素敵な花屋さん。お向かい同士ということもあり、いつか何か一緒にやりたいと考えていましたが、なかなか都合が合わず、今回初めてチョロンの2Fを使っての教室が実現しました。花光さんもお仕事が忙しいためレッスンはあまり行っていないそうですが、今回の教室を機に、今後も教室を続けていくことにしたいと思っています。

P1070942.JPGクリスマスリースといえば円形が定番ですが(というか円形だからリースなんですけど)、そこはユニークなアレンジが人気の花光さん。今回は円形ではなく枝を束ねたような形のリースを作ります。まずはニシキギという羽根が付いたようなちょっと変わった木の枝に、ヒバやスギの葉をワイヤーでくくり付けていきます。かなり力も使うし、作業はなかなかたいへんでしたが、みなさん集中して進めていました。部屋が緑のいい香りに包まれました。

P1070944.JPGたくさんできた葉っぱ付きの枝を今度は少し太めのワイヤーで束ねます。工程は全員同じですが、くくり付けた葉っぱや束ねる枝の量で、みなさん少しずつ違ってきます。花光さんも「みんなで同じ物を作るだけではつまらないので、少しずつ個性が出せる余地をつくっておきました」と教室の前におっしゃっていました。確かにそうですね。参加したみなさんは、合間合間に花光さんが話す、オランダなどでの修行時代の思い出や、百貨店のディスプレーについてのエピソードなどにも耳を傾けながら手を動かします。

P1070959.JPGコケがいい感じに付いた枝や、シルバーに着色した松ぼっくり、石をつないだ飾り、太い毛糸などを使ってデコレーションすれば出来上がりです。今回のリースにはクリスマスにつきものの「赤色」をまったく使っていないんです。大人のクリスマスという感じ。これならリビングなどにもさりげなく飾ることができそうです。

P1070970.JPG2時間半ほどで、全員がそれぞれちょっとずつ違った個性的なリースを完成させました。終了後には参加したみなさんから「とても楽しかったです」「機会があればまた参加したい」などのお話もあり、みなさん楽しんでいただいた様子でした。みなさん完成したリースを玄関やお部屋に飾って、幸せなクリスマスを過ごされるのでしょうね。メリークリスマス!

 1  |  2  | All