cholon

web shop
news
events
work
journal
photo
cholon book
shop info

how
cart

map
mail

cholon
work_title.gif

Category

Archive



| cholon 札幌 : これからの音楽教室 |


音楽教室 お申し込み受け付け中!



2ongakukyositsu-1.jpg
チョロンの音楽教室・初夏のコースが始まります。
募集するのは「ハンマーダルシマー」「カンテレ」「ウクレレ」の3コース。
引き続き、小松崎健さん、あらひろこさん、キクチマコトの講師陣が、少人数クラスで楽しくレッスンします。1コース6回レッスンで、受講料は12,000円です。


日程は以下の通り(講師の演奏活動などの都合で変更する可能性があります)。
ハンマーダルシマー 水曜日 入門・初級18時〜、中級19時30分〜
          開催日 5月12日、26日、6月9日、23日、7月7日、21日

カンテレ      水曜日 11時〜
          開催日 5月12日、26日、6月9日、23日、7月7日、21日

ウクレレ      木曜日 19時〜
          開催日 5月13日、27日、6月10日、24日、7月8日、22日


会場はいずれもチョロン本店2Fスペース。1回のレッスンは概ね1時間です。
終了時には全教室の合同発表会も予定しています。

カンテレ教室は、初心者も、経験者も同じクラスでのレッスンになりますが、初心者のお申し込みが多い場合は、継続して参加していただく経験者のみなさんとは別のクラスの特設も検討します。お問い合わせください。

お申し込みは下のボタンをクリックして、申し込みフォームに必要事項を記入したうえで送信ください。「ワークショップ名」の欄には「ハンマーダルシマー」「カンテレ」「ウクレレ」のいずれかをお書きください。

↓こちらをクリック。
申込みフォーム


<講師プロフィール>
小松崎健(ハンマーダルシマー)…1986年、アメリカのフォークシンガー、デビットホルトの弾くハンマーダルシマーに衝撃を受け独学で演奏を始める。88年、ケルティックアンサンブルHARD TO FIND結成。92年、自主レーベルよりファーストアルバム「Before the wind」を発表。99年、徳間ジャパンよりベストアルバムをリリース。ほかにもソロやさまざまな演奏家とのコラボレーションで活躍、また演奏活動のほかハンマーダルシマーの普及にも力を入れている。
*ハンマーダルシマー…ペルシャ発祥、中世にヨーロッパに伝わった、弦をばちで叩いて音を出します。澄んだ音が特徴、ピアノの原型ともいわれています。教室では持ち運びに便利な「バックパッカーダルシマー」を使います。
HARD TO FINDホームページはこちら

あらひろこ(カンテレ)…フィンランドやアイルランドなどの伝統音楽をベースにオリジナル曲で独自の世界を表現。独特の音色で多くのファンを魅了している。2004年にアルバム「Garden」、07年「Moon Drops」を発表。05年には米国の5弦カンテレ作曲コンペティションで優勝。扇柳トールとのユニット「aasian kukka」ではNHKラジオ番組の音楽を担当するなど作曲家としても注目されている。フィンランドから音楽家を多数迎える「カンテレキャンプ」を開催するなどカンテレ普及、フィンランドとの音楽交流にも尽力している。
*カンテレ…フィンランドの伝統楽器。木の胴に張った弦を指でつま弾いて繊細な音を出す楽器です。教室では5弦のカンテレを使います。
あらひろこホームページ「KANTE-Letter」はこちら

キクチマコト(ウクレレ)…小学生時代からウクレレやギター、ピアノ等の楽器に親しみ、いろいろなジャンルのバンドでの活動を経て、10数年前からはボサノバギターの弾き語りにも取り組む。さまざまな場所でウクレレやボサノバのライブを開いている。最近はウクレレデュオ「あいとまこと」で活動中。チョロンホームページではお気に入りの本やCDを紹介する「今日のタナイチ」を連載(ややサボり気味)、ほかにも音楽などにまつわる文筆活動を積極的に行っている。

| cholon 代官山 : これまでの手作り教室 |


文庫本画廊を作りました



20100131_1181734.jpg本のある生活をふやすために、新たな本のあり方を模索し、人と本が出会う素敵な偶然を演出するユニット「ブックピックオーケストラ」による展示会「文庫本画廊」を2010年1月30日から2月11日まで、チョロン代官山の店内で開きました。会期中の1月30日と2月7日にワークショップも行いました。

初日のワークショップには6人の方々にご参加いただき、ブックピックオーケストラの川上代表と功刀さんの指導で、自分だけの文庫本画廊づくりにチャレンジしました! 細かい作業が多く、なかなか苦労しましたが、みなさん、自分の好きな文庫本を使って、素敵な作品を完成させました。

文庫本画廊は、文庫本の表紙の絵に額縁を付けて、絵画作品のように鑑賞しようというもの。本をすっぽりと袋に入れてしまってタイトルや著者名は分からないようにし、袋に開いた窓からは純粋に絵だけがのぞいています。本の内容を想像する楽しみもあり、なかなかに味わい深い。本のあらゆる側面を愛するブックピックオーケストラらしい、おもしろさにあふれたアイテムです。

6人のみなさんが持参した文庫本もさまざま。なるほど味わい深い表紙絵の本ばかりです。それでは作業スタート。最初に、袋の表面に記す作品データを、文庫本の奥付を見ながら書き写します。著書名、著者名は必要ありません。装幀家や画家の名前、作品の大きさ、出版年などです。絵画ですからね。書き写したら本のサイズ(厚さ)に合わせて、紙に折り目を付けていきます。これが本をすっぽり包む袋になります。割としっかりした紙なのでカッターの背で跡を付けてから折り込みます。
20100131_1181735.jpg 20100131_1181736.jpg
次は表紙の絵のどの部分を作品として見えるようにするのかを考え、袋に開ける窓の大きさを決めます。タイトルや著者名が見えないように。ここで作品の感じが決まるのでみなさん慎重です。何度も定規で大きさを測ってみます。大きさが決まったら鉛筆で下書きして、カッターで切り抜きます。慎重に、慎重に。みなさん、うまく窓が開いたようです。
20100131_1181740.jpg 20100131_1181741.jpg
20100131_1181742.jpg 20100131_1181744.jpg
開いた窓に内側からフィルムを貼ります。額縁のガラスにあたる部分ですね。フィルムを貼ることでぐっと作品らしくなります。おっと、いつの間にか、三角窓にしている方がいますね。右上には小さい窓も開いています。おー、チャレンジングですねー。ブックピックの川上代表も「三角は初めて…。大胆ですね…」。
20100131_1181745.jpg 20100131_1181746.jpg
開いた窓に、細い木を使って額縁を付けます。いよいよ作業も佳境です。額縁を好きな色で塗りました。表紙絵の色合いに合わせて色を選びます。金や銀のゴージャスな色もいいですね。この額縁の取り付けがなかなかたいへん。四隅の部分は、それぞれの木材がぴったりと接するように、断面を斜めにカットして合わせるんですが、この角度に切るのが難しい。ちょっと隙間ができてしまったり、浮いてしまったり。やすりで微調整しながら、きっちりと合わせていきます。川上代表がみなさんの間を回ってお手伝い。
20100131_1181753.jpg 20100131_1181754.jpg 20100131_1181761.jpg 20100131_1181755.jpg
額縁ができたら、完成まではもう少し。ひもを通すための穴を開け、ハトメを取り付けます。そして最後はしおりひも(スピン)を通します。このスピンにも工夫があって、引っ張ると本全体がするすると上がってくる仕組み。通す順番が違うと本が出てこなくなってしまうので、間違えないように。最後にスピンの端を「文庫本画廊」と書かれたシールでとめて完成です! 
20100131_1181762.jpg
みなさん、素晴らしい出来。どれも個性的で、絵画作品として成立していますねー。素敵です。文庫本の表紙として何気なく見るのと、こうして額縁が付いた形で見るのとでは、ずいぶん印象も違います。みなさん、ご苦労さまでした! ぜひ飾ってくださいね。

| cholon 代官山 : これまでの手作り教室 |


点と線模様製作所 切り絵オーナメントを作りました



20091202_999816.jpg
2009年12月1日(火)から4日(金)まで、札幌在住のテキスタイルデザイナー岡理恵子さんが主宰する「点と線模様製作所」のオリジナル切り絵を使ったクリスマスオーナメント作りのワークショップを、チョロン代官山の店内で開きました。

同製作所のテキスタイルを使った商品、作品の原画などの展示「北の模様帖」の開催に合わせたイベント。4日間で十数人が参加、岡さんの指導でかわいくて楽しいオーナメントを完成させました。

ワークショップは展示会場に机を置いて開催。参加者のみなさんは自己紹介をした後、まずはヒイラギの葉っぱや実などをモチーフに岡さんがデザインした下絵を厚紙にのりで貼り、カッターで丁寧に切り抜いていきます。
20091202_999818.jpg 20091202_999819.jpg
カッターの刃は細かい細工がしやすいよう通常のものより尖っていて、慣れないとなかなか扱いにくいのですが、みなさんすぐに慣れた様子。黙々と、丁寧に切り抜いていきます。この間、みなさん無言でカッターを使います。黙々と、黙々と、黙々と作業が続きました。真剣です!

大きいモチーフが切り抜かれるとひと段落。みなさんもおしゃべりする余裕ができてきました。色紙を使って実の部分に赤い丸を貼り付けたり、小鳥の羽を赤くしたり。全体のバランスを決めていきます。小鳥を取り付ける角度も大事です。余った紙で雪だるまを作ったり、ハートを紙で切り抜いて貼り付けたりと、オリジナルのデザインも飛び出し、盛り上がりました。
20091202_999821.jpg 20091202_999820.jpg
本体ができたら、今度はリボンを取り付ける部分の細工です。雪の結晶のような輪郭のモチーフの中を細かく切り抜いて模様を作ります。再び細かい作業ですが、もうカッター使いにもなれたよう。すいすいと進みました。

最後に赤いリボンをバランスよく結んで完成! チョロンの店内の棚に試しに飾って出来映えを確認します。素晴らしく、かわいい! 「クリスマスだけじゃなくて、ずっと飾っておきたい」「カッターを使うのは久しぶりだったけど、できるもんですねー」と参加したみなさん。岡さんにも「雪だるまなど、自分では思いつかないようなデザインも考えていただいて、勉強になりました」と喜んでいただき、楽しいワークショップになりました。参加していただいたみなさん、ありがとうございました!

| cholon 代官山 : これまでの手作り教室 |


木下綾乃さん「BOOK COVER」原画展&ワークショップを開きました



IMG_0308.JPG.jpeg2009年8月7日から20日まで、イラストレーター木下綾乃さんの、小説のタイトルをテーマにした新しい作品集「BOOK COVER」(mille books刊)の出版を記念した原画展をチョロン代官山の店内で開きました。併せてワークショップ「BOOK COVERを作ろう!」を行いました。

dm002.jpg「BOOK COVER」は木下さんの初めてのイラスト作品集。これまでも文房具や手紙などをテーマにした著書を数々出版されていますが、イラストのみの作品集は初めて。「大好きな本たちに、自分なりのカバーをかける気持ちで」イラストを描かれたという意欲作。限定1000部での出版で、全冊にシリアルナンバーが入っています。

IMG_0295.JPG.jpeg原画展では、木下さんの独特のタッチで小説の場面を描いた、思わずニンマリしてしまうようなイラストが店内にたくさん並びました。


会期中の8日に開いたワークショップ「BOOK COVERを作ろう!」では、木下さんと一緒に、参加者にご持参いただいた自分の好きな文庫本に似合うブックカバーを作りました。紙を切ったり、スタンプを押したり、マスキングテープを貼ったり。木下さんのやさしい指導で作業は進み、みなさん思い思いのブックカバー作りに取り組んでいました。   

reIMG_0313.JPG.jpeg最後は木下さんが、全員のカバーにイラストを描いて完成。世界で一つだけ、自分だけのオリジナルブックカバーが出来上がりました。みなさん、素敵な出来映えでした。

木下さんが持ってきてくださった、かわいい栗の落雁と紅茶もみんなで味わって、楽しく、うれしいワークショップになりました。みなさん、ブックカバーをぜひ使って、読書の時間を豊かに過ごしてくださいね。

| cholon 代官山 : これまでの手作り教室 |


Savon de Siestaのハンドクリーム教室



WSmain.jpg2009年5月、チョロン代官山で行った、自然の素材を使った札幌の石鹸工房Savon de Siesta(サボン・デ・シエスタ)の展示販売会「5月の木もれ日」のスペシャルイベントとして、ハンドクリーム教室を開きました。工房主宰の附柴彩子さんの指導で、みなさんにハンドクリーム作っていただきました。自分の肌質や好みで、オイルや香りのための精油を自由に選んで、自分だけのクリームを手作りする内容。その楽しさ、そしていい香りに、参加したみなさんに喜んでいただきました。

教室ではまず全員が自己紹介。合計4回の教室を開きましたが、1回6、7人なのでとてもアットホームな雰囲気です。今回、附柴さんに用意していただいたのは、オリーブ、アーモンド、アボカドの3種類のオイルと、ゼラニウムやローズ、ラベンダー、オレンジなど10種類の香りの精油。2種類のみつろうも。テーブルの上にはビーカーやスポイト、薬用びんなどが並べられ、理科実験室のようです。附柴さんには、材料それぞれの特徴を分かりやすく教えていただきました。いずれも自然の素材で、肌にもよく、口に入れても大丈夫なものばかりなので、料理の合間に付けても、赤ちゃんがいるお母さんが使っても安心なんだだそうです。また材料は、家庭でもクリームを作っていただけるよう、すべて市販品でそろえていただいています。
WS1.jpg WS2.jpg
最初に全部の精油の香りをかいで、好みのものを選びます。どれもいい香りなので迷います。次に3種類の中からオイルを選び、ビーカーに分量を移します。分量を正確に量らないと固まらなかったり、変に硬くなったりするので慎重に。
WS3.jpg WS4.jpg
デジタルスケールにビーカーを載せて、みつろうを少しずつ加えます。慎重な作業が続きますが、みなさん楽しそう。そうしたらビーカーを湯煎してみつろうを溶かします。直接ビーカーを持つと熱いし、倒して水が入ったりしたら困るので、ペンチでビーカーを挟んでお湯の中へ。みんなで小さな鍋をのぞき込んで、溶け具合を見ながら作業を進めます。
WS5.jpg WS6.jpg
溶けたら小さな容器へ移してかき混ぜます。少し冷めると周辺からクリームが固まり始めました。このタイミングで精油を投入。みなさん好きな香りの精油を2種類、スポイトで2滴ずつ落として、オリジナルの香りを付けます。精油別に、リラックス効果や気分を高揚させる効果、疲れた筋肉をほぐす効果などがあり、うまく組み合わせることで、自分にいちばん気持ちのいいクリームを作ります。
WS7.jpg WS8.jpg
さらにしばらく混ぜると出来上がり。やや慎重に作業しなければならないところもありましたが、意外と簡単に完成しました。みなさん早速、手に付けてみて、その気持ちよさを堪能されていました。参加されたみなさんの中には、教室終了後、すっかり仲良しになって、一緒にチョロン店内でお買い物をされたり、その後は食事に行かれたりした方々もいらっしゃったそうです。

| cholon 札幌 : これまでの手作り教室 |


カルトナージュでオルゴールボックス



P1100148.JPG
2009年3月28日、本店2Fスペースでカルトナージュ教室を開きました。教室も今回で4回目。4人の方にご参加いただき、いつものようにアットホームな感じで楽しく進みました。約2時間半で、全員がオルゴールボックス型のかわいい小物入れを完成させました。

カルトナージュは、厚紙で作った箱などに好きな布を貼ったり、自由な飾り付けをして自分だけの作品を完成させるフランスの伝統工芸。講師は今回もビーズ&クラフトショップ「Aim」店長の田中理代さんです。優しく、てきぱきと指導してくれました。

P1100091.JPG P1100094.JPG
今回チャレンジしたオルゴールボックス型の小物入れは、ふたがぱたんぱたんと開け閉めできるタイプで、これまで3回の教室で作ったものよりも造りがやや複雑です。まずは箱の組み立てからスタート。あらかじめサイズ通りにきっちりと切られた厚紙を、水テープを使ってしっかり組み上げていきます。このサイズぴったりに紙を切る作業がやや難関で時間もかかるので、今回は特別に田中さんにパーツごとに切って持ってきていただきました。

P1100099.JPG P1100102.JPG
箱ができたら、はけでボンドを均一に塗り、リネン生地を貼っていきます。しわにならないように、空気が入らないように、慎重に作業を進めます。みなさん手際よく進んでいます。

P1100118.JPG P1100119.JPG
箱の下の部分ができたら、ふたを取り付けます。ふたには少し詰め物をして厚みを出してあります。開けたり閉めたりと動く部分なので強度を出さなければなりません。そして少しのズレでもうまく閉まらなくなるので、まっすぐきっちりと取り付けていきます。

P1100132.JPG P1100131.JPG
内側にも好きな色の紙を貼って、箱は完成。あとは飾り付けです。リネンテープや大小さまざまな大きさのボタンやビーズで、好きなようにデザインして作っていきました。ここが楽しい悩みどころ。何度も何度もリボンやボタンを置いたり、外したりの作業が続き、ようやく完成しました!

一番上の写真にあるように、それぞれちょっとずつ違ったデザインの小物入れができあがりました。結んだリボンが付いていたり、ボタンがぷちっと並んでいたり。同じ形の小物入れですが、雰囲気の違った自分だけのカルトナージュの完成です。3時間近く集中していたので、みなさんきっとかなりお疲れだったのではないでしょうか。それでも全員がかわいくできあがり、うれしそうでした。ありがとうございました。また次回のカルトナージュ教室もお楽しみに!

| cholon 札幌 : これまでの手作り教室 |


リボン刺繍教室を開きました



P1080684.JPG
2009年1月17日(土)と26日(月)の2日間、本店2Fスペースで「リボン刺繍」のワークショップを開きました。映画館「シアターキノ」(札幌市中央区南3西6)でのスイス映画「マルタのやさしい刺繍」の上映に合わせた教室。映画の中には伝統の美しい刺繍が登場するので、みなさんにも刺繍を楽しんでいただこうと企画しました。

2回の教室には合わせて11人の手作り好きのみなさんが参加。講師には刺繍やパッチワークの教室を開いている丸山幸子さんをお迎えして、初歩から教えていただきました。参加者の中には「刺繍は初めて」とか「針を持つのも久しぶり」とかいう方もいらして、最初は丸山さんもやや不安げでしたが、作業が進むに連れてみなさん慣れてきて、最後はすいすい。全員がかわいいフレームを完成させることができました。

P1080690.JPG P1080696.JPG
リボンは普通の糸よりも、もちろん幅広なので、針に通すのも少し勝手が違います。玉止めを作る方法も慣れないと少し面倒。リボンを針に通す段階でひと苦労でしたが、丸山さんに手助けしていただきながら、ちくちくと刺繍がスタートしました。

P1080699.JPG P1080704.JPG
ひと針ひと針、慎重に刺して、お花の図柄を作っていきます。時々、机の上に置いてバランスを見ながら作業を進めます。最初は先生も交えておしゃべりもにぎやかでしたが、徐々にしんとしてきました。みなさん真剣です。最初にチャコペンで布に書いた下絵と刺繍が少しずれてしまう方もいましたが(時間が経つと自然に消えるチャコペンだったんです!)、丸山さんの「それも個性のうち。みんな同じっていうのもね」との言葉に力を得て、みなさん伸び伸び取り組んでいました。ちくちくちくちく、だんだんときれいなお花が咲いてきました。

P1080715.JPG P1080717.JPG
刺繍が終わったら、フレームに納めて完成です。ここでもバランスを考えて慎重に。それぞれにちょっとずつ違った、かわいい作品が出来上がりました。ちょっぴり苦労したところもありましたが、どれも素敵な出来映え。素晴らしいです。みなさん、ご自身の作品を大事にしてくださいね。丸山さんも「みなさん無事にかわいく完成できてよかったです」とうれしそうでした。

P1080543.JPG
このほか、映画の上映に合わせて本店では刺繍をはじめとする手芸関係の洋書の展示・販売や、刺繍のミニ作品展を開きました。東京・神田神保町の手芸の本専門店art-bookshopにご協力いただいています。クロスステッチ、レース編み、キルト、ぬいぐるみ…。実用的なのはもちろん、眺めているだけでもうれしくなる本ばかりが並びました。手作り好きの大勢の方にご来店いただきました。また展示した刺繍作品もいずれも個性的で、好評でした。

| cholon 札幌 : これまでの音楽教室 |


音楽教室の発表会を開きました



P1080277.JPG
2008年12月7日、本店2Fスペースで、9月にスタートした「チョロンの音楽教室」の合同発表会を開きました。ハンマーダルシマー、カンテレ、ウクレレの3つの教室に参加している生徒さんたちが一堂に集まって、それぞれのレッスンの成果を披露しました。各教室ごとに趣向が異なり、とても楽しい発表会になりました。

5月に始まった音楽教室では、第1シリーズが終わった7月に一度合同発表会を行っており、今回が2回目。今回の発表会は第2シリーズの終了に合わせて開きました。

P1080282.JPG発表のトップは、北欧フィンランドの伝統楽器「カンテレ」教室のみなさん。参加したのは第1シリーズから続けている方ばかりで、さすがに上達していました。パートに分けたアンサンブルのほか、何と講師のあらひろこさんの絵本の朗読(カンテレが登場する素敵なお話でした)に合わせて、即興でカンテレを奏でるという、かなり難易度の高い演奏も披露してくれました。

RIMG0518.JPG2番手はウクレレ。南国の楽器らしく、ウクレレ教室の生徒さんたちは何だかのんびりした方が多いような気がします。発表もなごやかムード。「ジングルベル」「聖しこの夜」といったクリスマスソングや、「上を向いて歩こう」「オブラディオブラダ」の弾き語りを合奏で聴かせました。ポロンポロンという優しい音色で、発表会に参加していた全員を笑顔に変えてくれました。素晴らしく楽しい演奏でした!

RIMG0535.JPG最後はハンマーダルシマー。初級コースの方も、中級コースの方も全員がソロ演奏にチャレンジです。たくさんの弦を小さなばちで叩くダルシマー。とても難しい楽器なのに、みなさん一生懸命に練習してきたことがよく分かる、素敵な演奏でした。教室では練習していない曲をサプライズで披露した方もいて、講師の小松崎健さんもびっくりしていたようです。ダルシマー教室のみなさんは本当に練習熱心で、頭が下がる思いです。

発表の後は講師の3人がそれぞれ数曲ずつ演奏、最後は3人の合奏で発表会を締めくくりました。チョロンの音楽教室は次回は2月にスタートする予定です。これまでの教室も継続します。また新しく参加してみたいという方も歓迎します。継続コース、初心者向けコースなど、要望に合わせてクラスを設置したいと思っています。お問い合わせなどありましたらメール等でお尋ねください。詳しく決まりましたら、ホームページなどでご案内いたします。

| : これまでの手作り教室 |


陶製「キャンドルシェード」ができました



P2080020.jpg
2008年11月21日(金)、22日(土)の2日間、本店2Fスペースで陶作家石神照美さんの陶製キャンドルシェードの教室を開きました。3回の教室で合計12人のみなさんに参加していただきました。粘土の板を好きな形に切って組み立てていく工作感覚の陶芸。個性的な作品がみなさんの手で産み出されました。

石神さんの教室は前年に続いて2度目。昨年も同じように粘土板を切って組み立てる内容でしたが、作ったのは小さなオブジェ。今年はサイズも大きく、中にろうそくを入れられるよう立体にしなければなりません。みなさん、気合が入ります。

P1080023.jpg P1080030.jpg
まず最初に、どんなデザインにするかのアイデアを紙に描いていきます。家や教会のような形にする人、小さな四角い穴をたくさん空けていく人、ろうそくの光がつくる影まで計算して模様の形を工夫する人…、それぞれの個性が表れます。ただあんまり細かくしすぎると、焼いた時に割れてしまう心配も増えますので、そのバランスが難しい。それでもみなさん、かなり難易度の高そうなデザインにチャレンジしているようです。

デザインが決まったら、自分のデザインに合わせて型紙を作り、それを粘土板にあてて切り取っていきます。慎重に、慎重に。四角っぽいものがあったり、全体に丸かったり、がたがたとしていたり、いろいろな形に粘土板が切り取られていきます。そうして出来たパーツを、とろとろに溶いた粘土を接着剤かわりにして張り合わせて立体にします。張り合わせる部分は少し削って、接着剤が付きやすくします。

P1080050.jpg P1080058.jpg
形が出来上がってきました。そうしたら今度は細い棒などを使って、穴を空けていきます。この穴からろうそくの明かりが漏れてくるので、ここが大事なポイント。みなさん、明かりをイメージしながら穴を空けます。小さな穴をたくさん空ける人、大胆に大きく切り取ってしまう人、ここにも個性が出ます。

中にろうそくを入れてみて、どんな風に明かりが漏れてくるかも確かめて、出来上がり。みなさんの作品は石神さんが工房へ持ち帰り、乾燥させたうえ、上に白い土を塗って窯で焼き上げました。見事に完成!

P1080315.jpgずらりと並べて写真を撮ったら、小さな街のように見えました。みなさん、自分だけの作品に明かりをともして楽しんでくださいね。


| : これまでの手作り教室 |


花光さんのクリスマスリース



P1070966.JPG
2008年11月20日と12月11日の2日間、本店向かいのお花屋さん「佐藤花光(さとうはなみつ)」さんによる「クリスマスリース教室」を、本店2Fスペースで開きました。両日とも午後2時からと夜7時からの2回の開催で、4回合わせて42人のみなさんにご参加いただきました。

佐藤花光さんは、本店隣のカフェ「アトリエモリヒコ」店内のダイナミックなフラワーアレンジでもおなじみの個性的で素敵な花屋さん。お向かい同士ということもあり、いつか何か一緒にやりたいと考えていましたが、なかなか都合が合わず、今回初めてチョロンの2Fを使っての教室が実現しました。花光さんもお仕事が忙しいためレッスンはあまり行っていないそうですが、今回の教室を機に、今後も教室を続けていくことにしたいと思っています。

P1070942.JPGクリスマスリースといえば円形が定番ですが(というか円形だからリースなんですけど)、そこはユニークなアレンジが人気の花光さん。今回は円形ではなく枝を束ねたような形のリースを作ります。まずはニシキギという羽根が付いたようなちょっと変わった木の枝に、ヒバやスギの葉をワイヤーでくくり付けていきます。かなり力も使うし、作業はなかなかたいへんでしたが、みなさん集中して進めていました。部屋が緑のいい香りに包まれました。

P1070944.JPGたくさんできた葉っぱ付きの枝を今度は少し太めのワイヤーで束ねます。工程は全員同じですが、くくり付けた葉っぱや束ねる枝の量で、みなさん少しずつ違ってきます。花光さんも「みんなで同じ物を作るだけではつまらないので、少しずつ個性が出せる余地をつくっておきました」と教室の前におっしゃっていました。確かにそうですね。参加したみなさんは、合間合間に花光さんが話す、オランダなどでの修行時代の思い出や、百貨店のディスプレーについてのエピソードなどにも耳を傾けながら手を動かします。

P1070959.JPGコケがいい感じに付いた枝や、シルバーに着色した松ぼっくり、石をつないだ飾り、太い毛糸などを使ってデコレーションすれば出来上がりです。今回のリースにはクリスマスにつきものの「赤色」をまったく使っていないんです。大人のクリスマスという感じ。これならリビングなどにもさりげなく飾ることができそうです。

P1070970.JPG2時間半ほどで、全員がそれぞれちょっとずつ違った個性的なリースを完成させました。終了後には参加したみなさんから「とても楽しかったです」「機会があればまた参加したい」などのお話もあり、みなさん楽しんでいただいた様子でした。みなさん完成したリースを玄関やお部屋に飾って、幸せなクリスマスを過ごされるのでしょうね。メリークリスマス!

| : これまでの手作り教室 |


カルトナージュでオーバルバッグができました



P1070782.JPG
2008年11月8日、今年3度目となるカルトナージュ教室を本店2Fスペースで開きました。8人の方にご参加いただき、約3時間で全員が革の持ち手のついた楕円形のバッグを完成させることができました。

講師はおなじみ、ビーズ&クラフトショップ「Aim」店長の田中理代さん。あらかじめ厚紙を切って、丸く型を付けておいてくれました。まずはその厚紙を水貼りテープで留めて、丸いバッグの形を作っていきます。ここで歪んでしまってはバッグになりません。底も取り付け、慎重に組み立てていきます。

P1070734.JPG P1070750.JPG
次は布を貼ります。布はチョロンのリネンの生地から好きな2種類を選んでいただきました。布はあんまり薄くても、厚くても仕上がりがきれいにならないそう。バッグの側面にぐるりと布を貼っていきますが、結構な面積なので、途中でしわが寄らないよう気をつけなければなりません。

P1070761.JPG P1070772.JPG側面ができたら、今度はバッグの内側に布を貼ります。この作業がまた一苦労。外側よりもさらにしわになりやすく、なかなか難しいポイントです。布のサイズを合わせて、はさみで細かく切れ目を入れて、手探りで貼っていきます。刷毛で塗っていく接着剤の量にも注意が必要です。それでもみなさん、とても手早く作業を進めていました。

ここまでできたら完成は間近。ここでトンカチが登場しました。チョロンのカルトナージュ教室では初めての道具です。目打ちで開けた穴に、カシメを取り付け、カンカンカンと革の持ち手を打ち付けました。トンカチで金具をしっかりと締めておきます。物を入れても落ちないように、力を込めて。持ち手が付くと、すっかりバッグらしくなりました。

P1070780.JPG P1070496.JPG最後はひっくり返して、底の部分に化粧紙を貼って完成です。1回目の基本の箱、2回目の写真立てに比べて3回目の今回のバッグは、使う布の量も多く、トンカチも登場するなど工程も複雑でしたが、作業は順調でみなさんとってもいい仕上がり。時間も思ったよりもかかりませんでした。田中さんも「みなさん、とても手早くて驚きました」とおっしゃっていました。カルトナージュを今回初めて体験するという方も多かったのですが、みなさん楽しんでいただけた様子で、家でも作ってみますーという方もいらっしゃいました。

| : これまでの手作り教室 |


やさしいハンドクリーム



creammain.jpg天然素材を使った札幌の石鹸工房「Savon de Siesta(サボン・デ・シエスタ)」の展示販売会「Savon de Siestaのやさしい時間」の開催に合わせて、2008年10月16日〜18日の3日間、Savon de Siesta主宰の附柴彩子さんに本店2Fスペースで「ハンドクリーム教室」を開いていただきました。石鹸にも使っている植物オイルやエッセンシャルオイルを自分の好きな組み合わせで選んで作る、自分だけのハンドクリーム。3回の教室に合わせて24人の方に参加いただきました。

cream1.jpgビーカーが配られ、テーブルの上にはスポイトや小さな薬びんが並びます。まるで理科実験室のよう。附柴さんが用意してくれたのは、植物オイル4種類、植物から抽出されたエッセンシャルオイル10種類。クリームを固めるためのみつろうも2種類あります。附柴さんがそれぞれのオイルの特徴を詳しく説明してくれ、全員でエッセンシャルオイルの香りを確かめました。人気の香りは「オレンジ」「ローズマリー」「ゼラニウム」。気分を落ち着ける効果も期待できるという「ジュニパー」「マジョラム」を選ぶ方も多かったです。

cream2.jpg初めに「オリーブオイル」「アーモンドオイル」「アボガドオイル」「シアバター」の4つの植物オイルの中から、気に入ったものを選び、ビーカーに量り入れます。正確に量ることが肝心。みなさん顔を傾けたり、目の高さまでビーカーを持ち上げたりして、慎重にオイルを入れていきました。オイルの次はみつろう。これも分量を正確に量らなければなりません。量りを使って、小さなスプーンで少しずつオイルの中に加えていきます。ハンドクリーム作りには、慎重さが何よりも必要なようです。

cream3.jpgみつろうが入ったビーカーを、お湯をわかしたお鍋に入れて湯煎にかけ、みつろうを溶かしていきます。熱いのでビーカーをペンチで挟んでいますね。みんなで鍋を囲んで、和気あいあいとした雰囲気。完成間近で、隣の人とおしゃべりする余裕も少し出て来ました。でも、みなさんビーカーの中の変化を見逃さないぞと真剣な表情です。

cream5.jpgみつろうが溶けたら容器に移して、かきまぜながら冷やします。すこし固まったところで、スポイトでエッセンシャルオイルを1滴ずつ落としていきます。ここでボタボタとオイルが入ってしまうと、また一からやり直し。緊張が高まりましたが、みなさんうまくできたようです。何種類かのエッセンシャルオイルをブレンドして、お気に入りの香りのクリームが完成しました。

これからの乾燥する季節、手作りしたお気に入りのクリームがあれば楽しく過ごせそうです。参加したみなさん、自分だけのクリームを大切に使ってくださいね。

| : これまでの手作り教室 |


カルトナージュで写真立て作り



P1040014.JPG
2008年6月14日(土)、本店2Fスペースで、4月に続いて2度目のカルトナージュ教室を開きました。前回はカルトナージュの基本の箱を作りましたが、今回はカルトナージュの技法を使って、布貼りのかわいいフォトスタンド作りにチャレンジしました。

7人の方が参加。前回に続いてご参加の方もいらっしゃいます。先生は前回と同じ、ビーズ&クラフトショップ「Aim」店長の田中理代さん。厚紙をカッターで切り、布をきれいに貼って、支えを付ければ完成ですが、写真の枠を切り抜いたり、写真を入れる隙間をまっすぐ作ったり、かなり丁寧な作業が必要でした。

P1040030.JPG P1040040.JPG
田中さんの指導を受けて、みなさん集中して、てきぱきと手を動かし、2時間ちょっとでしっかりしたフォトスタンドが出来上がりました。

参加された中には、手作りすることのほか、写真も好きという方が多く、終了後は完成品を並べて記念撮影する姿も。撮った写真をプリントして、手作りの写真立てに入れるなんて、とても素敵ですねー。みなさん、お疲れさまでした!

今回作ったのと同じフォトスタンドを、7月の写真イベント「PHOTOFES(フォトフェス)2008」の写真雑貨制作講座でも作ります。またまた田中さんに講師をお願いしました。

次回のカルトナージュ教室は秋ごろの予定です。次は再び箱のような形のものを作る計画です。

| : これまでの手作り教室 |


カルトナージュ教室を開きました



P1030413.JPG P1030396.JPG
2008年4月19日(土)、本店2Fスペースで初めての「カルトナージュ教室」を開きました。2回の開催で合わせて16人のみなさんに参加していただきました。チョロンの布を使った小箱を作り、カルトナージュの基本的な技法を学びました。カルトナージュは初めてという方がほとんどでしたが、みなさん手際良くかわいい箱を完成させました。

P1030405.JPG P1030401.JPG
先生はビーズ&クラフトのお店「AIM(エイム)」(札幌市中央区南2西5下地ビル2F)店長の田中理代さん。あらかじめ切ってあった厚紙を、箱形に組み立てて、布を貼っていきます。こう書くと簡単ですが、仕上がりをきれいにするためには、いろいろ注意が必要。下の箱の部分とふた部分は端の処理がちょっと違ったり、伸びる布を箱の寸法に合わせて接着するため引っぱり具合の調整が必要だったり。ちょっとしたことが出来上がりに影響してくるので、みなさんとても慎重にカッターやはさみを使っていました。

P1030423.JPG P1030414.JPG
田中さんはみなさんの席をくるくると回りながら、てきぱきと指導。みなさんの真剣な取り組みで、2時間ほどで箱が出来上がりました。終了後は先生とのおしゃべりタイムもあり、材料をどこで買えるのとか、丸形の箱などを作る場合はどんな手法を使うのとかの質問が出されていました。

「何かを作るっていいですねー」としみじみおっしゃる方もいて、みなさんに楽しい時間を過ごしていただいたようでした。参加のみなさんの中には、たまたま札幌にお越しになる時期と重なったのでと、滋賀県から参加していただいた方もいらっしゃって感激しました。みなさん、ありがとうございました。

次回のカルトナージュ教室は6月ごろ開催の予定です。次はまた少し違った作品にチャレンジする計画。今回ご参加いただけなかった方もお待ちしています。

| : これまでの写真教室 |


「cholonのシャシン教室〜はじめて編」を開きました



P1030237.JPG
2008年4月12日(土)と19日(土)、「チョロンのシャシン教室〜はじめて編」を開きました。
12日は雪まじりの雨の降る中、外へ飛び出しての撮影も体験。36枚フィルム1本を完全マニュアルカメラで撮り切りました。みなさん、本当にお疲れさまでした!

10人の参加者のみなさんは、普段はコンパクトデジカメを使っているとか、古い一眼レフを持ってはいるけどあまり使っていないとか、写メしか使わないとか、さまざまでしたが、みなさんフルマニュアルでの撮影は初めてというのが共通点。

教室の先生は、チョロン本店の入っているビルの上階に、現像プリントもでき、中古カメラの修理、販売なども行う、写真好きにはたまらないお店「マッキナフォト」店長のハシグチギダイさんにお願いしました。

チョロン本店2Fスペースでの講義では、カメラの構え方から、絞りとシャッタースピードの関係、露出の基本などを、手作りのテキストを使ってやさしく教えていただきました。しかし、はじめてのみなさんにはなかなか難しかったよう。ハシグチさんが「まあ、僕もあんまり覚えてないっすけどねー。たくさん撮っていくうちにだんだん身に付いて行きますよ」と話すと、みなさん、少しだけ安心したようでした。

P1030242.JPG
1時間半ほどの講義の後は、屋外での撮影です。ちょうど雨が激しくなってきました。当初は大通公園へ出かけるつもりでしたが、急きょ屋根のあるアーケード街「狸小路」へ。8丁目から1丁目まで、好きなものを好きなように撮影しながら進みます。狸小路は土曜日の買い物客や観光客でにぎわっており、人ごみの中での撮影はたいへんでしたが、みなさん、懸命にお気に入りの被写体を探していました。

教わったばかりの、絞りとシャッタースピードの関係などを思い出しながら撮影しますが、寒くて指がかじかみ、ダイヤルもうまく回せません。ぶるぶる震えながら、それでも何とか1丁目までたどり着き、そこでフィルムを回収して、この日は解散しました。

P1030369.JPG
1週間後の19日、再びみなさんに集まっていただき、本店隣のカフェ「アトリエモリヒコ」のビッグテーブルをお借りして、みなさんが撮影した写真のプリントを並べ、お茶を飲みながら、写真の発表会です。

初めてのフルマニュアルのフィルムカメラ。そして、とっても寒い中での撮影だったのにもかかわらず、みなさん、なかなかの作品ぞろい。個性があふれる写真が並び、ハシグチさんも感心していました。

今回の教室をきっかけにカメラ、写真の楽しさを知っていただいたようです。みなさん引き続き、撮影を楽しんでくださいねー。チョロンではマッキナフォトさんとも協力して、いろいろなレベルの方を対象にした写真教室を引き続き開いていきます。随時ご案内しますので、どうぞご参加ください。

| : これまでの手作り教室 |


いがらしろみさんのジャム教室を開きました



2008年1月17、18の両日、本店2階スペースで、菓子研究家いがらしろみさんのジャム教室を開きました。
本店で開催したジャムの販売イベント「Marche de Romi-Unie Confiture」に合わせて、ろみさんに札幌にお越しいただき、ジャムの作り方のこつや味わい方などを教えていただきました。

P1000701.JPG

教室は2日間で4回開き、参加いただいたのは合わせて64人。各回16人で募集したのですが、募集開始後すぐに申し込みが定員に達してしまい、参加できなかった方には申し訳なかったです。
教室で作ったのは「いちごとリュバーブ」「リンゴとシナモンとバニラ」「バニラ・キャラメル」の3種類。ろみさんがジャム作りを実演し、参加した皆さんに試食していただきました。

ジャムといえば長時間ことこと煮込むというイメージですが、ろみさんのジャムは手早く、あっという間に出来上がり、参加した皆さんはちょっとびっくり。フレッシュで、それでいて味わい深いジャムを試食してまたびっくりでした。

平日の開催だったため、参加した中には「会社を早退してきました」「私は休んできました」という方も。皆さんとても熱心で、詳しくメモをとったり、携帯電話のカメラでなべのアップを撮影したり。「ジャム作りに適さない果物はありますか」「どんななべを使うといいですか」などいろいろな質問もあり、ろみさんも真剣に答えていました。最後には3種類のジャムを小さな瓶に詰めて、お土産にお持ち帰りいただきました。終了後は、持参したろみさんの本にサインを求めたり、一緒に写真をとったり、皆さんとても楽しそうでした。

教室の前後の16日と19日の夕方には、店頭でジャムを作る「ジャムライブ」も行い、店内には甘い香りが。こちらも大勢のお客さまに楽しんでいただきました。

 1  |  2  | All